ヤング・ギターで使われるギター・プレイのための記譜法・演奏記号

ヤング・ギターで使われるギター・プレイのための記譜法・演奏記号

ヤング・ギターの譜面で使われる全37パターンの演奏記号を解説します。実演映像も合わせて参考にしてください。

実演映像(演奏:岡 聡志)

ギター譜の基礎 Basic Info

Ex-1タブ譜(タブラチュア)Tablature

下の6線譜がタブ譜。各線は上から順にギターの1弦〜6弦を表している。数字はフレット番号、0は開放弦。タブ譜の下は指記号。

01 タブ譜(タブラチュア)

Ex-2ピッキング記号 Picking Direction

ピッキングのストローク方向を示す記号。

ダウン・ピッキングダウン・ピッキングアップ・ピッキングアップ・ピッキング

02 ピッキング記号

チョーキング(ベンディング)Bending

Ex-31音チョーキング One step bend

弦を持ち上げる(もしくは引き下げる)ことで音程を上げるのがチョーキング。1音分(2フレット分)の音程変化は[C]で示される。

3 1音チョーキング

Ex-4半音チョーキング A half-step bend

半音分(1フレット分)の音程変化を付けるチョーキングは[H.C]で示される。

4 半音チョーキング

Ex-51音半チョーキング One and a half−step bend

1音半分(3フレット分)の音程変化を付けるチョーキングは[1H.C]で示される。

5 1音半チョーキング

Ex-62音チョーキング Two-step bend

2音分(4フレット分)の音程変化を付けるチョーキングは[2C]で示される。他にも2音半[2H.C]、3音[3C]などがある。

6 2音チョーキング

Ex-7ポルタメント・チョーキング Bend with Portamento

ゆっくりと音程を上げていくのがポルタメント・チョーキングで、[Port.]で示される。

7 ポルタメント・チョーキング

Ex-8クォーター・チョーキング Quater-step bend

半音に満たないブルージーな感覚的チョーキングで、[Q.C]で示される。クォーターは4分の1という意味だが、厳密である必要はない。

8 クォーター・チョーキング

Ex-9チョーク・アップ Pre-bend

弦を持ち上げる過程の音を入れず、チョーキングした状態で発音する。[U][H.U][1H.U][2U]はそれぞれ1音、半音、1音半、2音。

9 チョーク・アップ

Ex-10チョーク・ダウン Release bend

チョーキングした弦を戻し、音程を下げる。[D]で表し、下げる音の幅は特に示されない。

10 チョーク・ダウン

Ex-11ハーモナイズド・チョーキング Harmony bend

チョーキングする弦としない別の弦を同時に鳴らし、ハーモニー(和音)を作る奏法。記譜上は普通のチョーキングと同じ。

11 ハーモナイズド・チョーキング

Ex-12ユニゾン・チョーキング Unison bend

チョーキングする弦としない別の弦を同時に鳴らし、2音をユニゾン(同じ音程)にする奏法。

12 ユニゾン・チョーキング

Ex-13ダブル・ベンド Double bend

2本以上の弦を同時にチョーキングする奏法。弦ごとに音程変化が異なる場合は、それぞれ個別の記号で示される。

13 ダブル・ベンド

レガート系 Legato Techniques

Ex-14ヴィブラート Vibrato

チョーキングとチョーク・ダウンを繰り返し、音程に揺れを与える奏法。音符の上に波線で示される。

14 ヴィブラート

Ex-15ハンマリング・オン Hammer-on

あるフレットで発音した後、同じ弦上のより高いポジションを左手の指で叩くことで音を出す奏法。[H]で示される。

15 ハンマリング・オン

Ex-16プリング・オフ Pull-off

弦を押さえていた左手の指をハジくように外して、同じ弦上のより低い音を出す奏法。[P]で示される。

16 プリング・オフ

Ex-17トリル Trill

ハンマリングとプリングを繰り返す奏法。リズムが指定されている場合の記譜法と、そうでない記譜法がある。

17 トリル

Ex-18スライド Slide

あるフレットで発音した後、押弦している指をそのまま滑らせて、同じ弦上の次の音に移る奏法。[S]で示される。

18 スライド

Ex-19グリス(1) Glissando 1

スライド同様に弦上で指を滑らせる奏法だが、ゴールやスタートの位置が任意の場合はグリス(グリッサンド)と呼び、[g]で示される。

19 グリス(1)

Ex-20グリス(2)Glissando 2

グリスするポジションや弦が不明確な場合は、×印などで示される。その後の曲線はグリスする方向や音程変化の様子を表す。

20 グリス(2)

ピッキング系 Picking Techniques

Ex-21ミュート(1) Palm mute

右手の側面をブリッジ付近に乗せる(右写真)ことで弦振動の余韻を消す奏法。ブリッジ・ミュートとも呼ばれ、[M]で示される。

21 ミュート(1)

Ex-22ミュート(2)Brush strokes

左手の指で弦の振動を抑えた状態のままピッキングし、パーカッシヴな音を出す奏法。ブラッシングとも呼ばれ、[M]と[×]で示される。

22 ミュート(2)

Ex-23スタッカート Staccato

ピッキングした直後に音を止めて短く切る奏法。音符の上に[・]で示される。

23 スタッカート

Ex-24アルペジオ Arpeggio

一度弾いた弦の余韻を残しながら、次々に他の弦を弾く奏法。[Arp.]で示される。

24 アルペジオ

Ex-25ハーモニクス Natural Harmonics

弦に軽く指で触れ、ピッキング後に離すことで倍音を出す奏法。触れる位置は通常フレット・バー真上(右下図)だが、その間の場合もある。

25 ハーモニクス
25 ハーモニクス 図

Ex-26ピッキング・ハーモニクス Picking Harmonics

ピッキングの直後にピックを持つ親指を弦に触れさせて振り抜くことで、独特のハーモニクス音を出す奏法。

26 ピッキング・ハーモニクス

タッピング、アーミングその他 Tapping, Whammy bar, etc.

Ex-27タッピング(1) Tapping 1

丸で囲んだ指記号の音を右手の指で叩いて発音する奏法。3〜4拍目は2弦13fを押さえたまま、左手薬指で2弦7fをチョーキング。

27 タッピング(1)

Ex-28タッピング(2)Two-hand tapping

左手と右手の指を各ポジションに叩き付けることで音を出す、特殊なタッピング奏法。

28 タッピング(2)

Ex-29タッピング・ハーモニクス Tapping harmonics

( )内に示したポジションのフレット・バー真上を、右手の指で叩くことでハーモニクスを出す奏法。

29 タッピング・ハーモニクス
29 タッピング・ハーモニクス 図

Ex-30ピック・スクラッチ Pick scratch

ピックの一辺を弦に押し付け、それを滑らせてノイジーな効果音を得る奏法。

30 ピック・スクラッチ

Ex-31ピッキング・トリル Pick trill

素速いピッキングである音を細かく繰り返す奏法。リズムが指定されている場合の記譜法と、そうでない記譜法がある。

31 ピッキング・トリル

Ex-32アーム・ダウン Whammy bar: Pushing down

アーム・バーの操作は[Arm.]で示される。弦を弛ませて音程を下げるのが[Down]で、リターン[Return]ではそれを元に戻す。

32 アーム・ダウン

Ex-33アーム・アップ Whammy bar: Pulling up

アーム・バーの操作で弦のテンションをきつくして、音程を上げるのが[Up]。リターン[Return]ではそれを元に戻す。

33 アーム・アップ

Ex-34アーム・ヴィブラート Whammy bar: Vibrato

アーム・ダウンとリターン、もしくはアーム・アップとリターンの繰り返しよって、音に揺れを与える奏法。

34 アーム・ヴィブラート

Ex-35シーミレ(1) simile 1

同じテクニックが同じように繰り返される場合、“以下同様”の意味で、反復を示す[simile]で表すことがある。

35 シーミレ(1)

Ex-36シーミレ(2)simile 2

ピッキング記号でも、同じパターンが繰り返される時、その反復を示す[simile]で表す場合がある。

36 シーミレ(2)

Ex-37オクターヴ記号 1 Octave up

記譜されている音程より1オクターヴ上の音域で演奏する場合、五線譜上に[8va]で示される。タブ譜は本来演奏するポジションを記譜。

37 オクターヴ記号