過去から現在までの進化を辿る、大村孝佳デビュー15周年記念ツアー“METAL NATION”

過去から現在までの進化を辿る、大村孝佳デビュー15周年記念ツアー“METAL NATION”

1月19日に新宿ReNYで開催される“藤岡幹大-追悼LIVE「My Little God」at ReNY”は、その公演タイトルからわかるように、2018年に急逝したギタリスト藤岡幹大を偲ぶライヴ・イベントだ。今回も藤岡の弟子の1人である大村孝佳のソロ・バンドを始め、C4、Gacharic Spin、Jupiter、スペシャル・ゲストとしてガルネリウスのSYU…といった面々が出演を予定しており、彼らの熱演を楽しみつつ、ありし日の思い出を分かち合う特別な時間になるはずだ。ところで、このイベントの開催が発表されたのは、昨年秋に行なわれた大村のデビュー15周年ツアー“METAL NATION”の千秋楽である11月23日新宿ReNY公演において。大村は本ツアーの開始とほぼ同時期にこれまでのキャリアを集約した初のベスト・アルバム『I・RI・S』(’19年)も発表しており、このステージにおいても15年間の成長を総括するようなパフォーマンスを見せてくれた。その模様を、遅ればせながらこの機会にレポートさせていただこう。

ギタリストのソロ・バンドといえばやはりギターが主導権を握るインストのような音楽性を想像するものだが、“大村バンド”はあくまでもヴォーカリストを立てたグループだ。今回もツアー・メンバーには久世敦史(vo/Jupiter)を筆頭に、Shoyo(b)、前田遊野(dr/仮BAND etc.)といった、彼の盟友である実力派ミュージシャンが集結。ライヴはこのツアーが初披露である「Soldiers Of Fire」から始まった。ネオ・クラシカルなアレンジの曲調に色気の引き立つヴィブラートによるムードが相まって、オーディエンスは初っ端からヒート・アップ! このツアーのセットリストは、リリースが待たれている大村のニュー・アルバムに収録予定の楽曲を多く取り入れていたのが大きなポイントだ。例えば前半では北欧テイストな曲調と艶のある美しいギター・サウンドが魅力的な「Visions」、ジェントのニュアンスを感じさせるモダンな「Angels In The Dark」といったナンバーが演奏された。まだ新しい曲であったにもかかわらず、オーディエンスは手拍子をしたりジャンプをしたりとノリ方をしっかり押さえており、既に一体感を見せていたことに驚かされた。また過去のレパートリーとしては『Devils In The Dark』(’12年)、『Emotions In Motion』(’07年)から万遍なくセレクトされており、特に後者に収録されている「When I Close My Eyes」では、機械のように正確でありながらニュアンスでじわりと人間味を醸し出したソロを展開していたのが印象的だった。

中盤では楽器隊のみがステージに残り、インストゥルメンタル曲「The Hill Of Wisteria」「Sadistic Ritual」をプレイ。このうち前者は藤岡幹大との共作で、以前からライヴで演奏されており、現在は藤岡のギターの同期音源と生バンドの共演という形で注目を集める人気曲の1つだ。全員にソロ・パートが設けられ、Shoyoや前田もそれぞれ巧みなテクニックを惜しげもなく披露する。大村の繊細でありながらハイ・テンションでエモーショナルなフレージングも見事で、緊張感たっぷりのパフォーマンスは盛り上がらないわけがなく、本公演のハイライトの1つとなった。

久世が戻ってのMCコーナーではメンバーが和やかな談笑を繰り広げ、先程の緊張とは裏腹に会場にリラックスした雰囲気が広がる。そんな中、次に演奏されたのはミドル・テンポで重厚な「Poison Eyes」。『Devils In The Dark』に収録されているこの曲は、もともと女性ヴォーカリストのAKANE LIVが歌っていたが、ただでさえ高いKeyを難なくこなしてしまう久世の歌唱力は圧巻だ。つづく「Now I Understand」(こちらも新曲!)では観客の声援が楽曲を大きく助け、会場の一体感がさらに増していく。そして「Distant Thunder」や「Never Surrender」といったお馴染みの高速ナンバーで、さらに熱量を上昇させたところで本編は終了した。

アンコールの1曲目では、さらに新曲「Face The Sky」が披露された。シンプルなバッキングとモダンなメロディーによる秀逸なアレンジの凄みもさることながら、サビの旋律を取り入れたキャッチーなギター・ソロは鳥肌モノ! ラストには再度「Now I Understand」と「Soldiers Of Fire」がプレイされ、新曲をより深く印象付けてくれた。新旧絡めた幅広い楽曲で楽しませてくれたこの公演は、過去から現在までの大村の進化を辿るには十分すぎるほどの内容だったと言えるだろう。

大村孝佳 “METAL NATION” @新宿ReNY 2019.11.23 セットリスト

1. Soldiers Of Fire
2. Shadows Of Eternity
3. When I Close My Eyes
4. Tell Me Why
5. Holy Tomorrow
6. Visions
7. Every Time
8. Never
9. Angels In The Dark
10. Wanna Get A Good Love
11. The Hill Of Wisteria
12. Sadistic Ritual
13. Poison Eyes
14. Now I Understand
15. GOODBYE LOST IN STATIC
16. Under One Flag
17. Distant Thunder
18. Never Surrender

[encore]
19. Face The Sky
20. Now I Understand
21. Soldiers Of FIre

-藤岡幹大-追悼LIVE「My Little God」at 新宿ReNY イベント詳細

TAKAYOSHI OHMURA OFFICIAL SITE