毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アイバニーズ“AZ”2019シグネチュア・モデルをアンディ・ティモンズ他6名が動画で紹介!

アイバニーズが昨年立ち上げた新シリーズ“AZ”から、今年新たに、下記6名のシグネチュア・モデルがラインナップされた。ここでは1月の“NAMM”ショウにて、本人が自身のギターの魅力を紹介してくれた映像を公開しよう。日本にも入荷が始まっているので、ぜひ店頭でもチェックしてみてほしい。

アンディ・ティモンズ
マルコ・スフォーリ
スコット・ルペイジ&ティム・ヘンソン(ポリフィア)
マリオ・カマレナ&エリック・ハンセル(CHON)

Play Allすべて観る

AZシリーズをすべて観る

ATZ100(Andy Timmons)

アンディ・ティモンズ

アイバニーズからシグネチュア・モデルを発表して今年で20年を迎える、名手アンディ・ティモンズの新たなギター“ATZ100”。従来の“AT100”が元になっており、そこにエステック処理によるローステッド・メイプル・ネックといった“AZ”ならではのスペックが活かされ、より信頼度の高いモデルに仕上がっている。

アンディ・ティモンズ ATZ100

Specifications

●ボディー:アルダー ●ネック:ATZ S-TECH WOOD 1ピース・ローステッド・メイプル ●フィンガーボード:S-TECH WOOD ローステッド・メイプル ●フレット数:22 ●ネック・スケール:648mm ●ピックアップ:ディマジオ“The Cruiser”(ネック、ミドル、ブリッジ) ●ブリッジ:ウィルキンソン - ゴトー“VSVG Tremolo” ●ハードウェア:クローム ●ナット:牛骨

MSM100(Marco Sfogli)

Marco Sfogli

ドリーム・シアターのメンバーのソロ・プロジェクトやプログレの老舗:PFMなどでの活躍も目覚ましいイタリアのテクニカル・ギタリスト:マルコ・スフォーリが、アイバニーズから発表した2本目のモデル。“AZ”の標準スペックであるゴトー製のブリッジやローステッド・メイプルのネックは、マルコも大のお気に入りとのこと。

マルコ・スフォーリ MSM100

Specifications

●ボディー:アルダー(バック)、AAAフレイム・メイプル(トップ) ●ネック:AZ Oval C S-TECH WOOD 1ピース・ローステッド・メイプル ●フィンガーボード:S-TECH WOOD ローステッド・メイプル ●フレット数:24 ●ネック・スケール:648mm ●ピックアップ:ディマジオ“Air Norton”(ネック)、“The Tone Zone”(ブリッジ) ●ブリッジ:ゴトー“T1802” ●ハードウェア:クローム ●ナット:牛骨

POLYPHIA / SLM10(Scott LePage) & THBB10(Tim Henson)

Scott LePage & Tim Henson / POLYPHIA

“AZ”シリーズをいち早く使用していたポリフィアのギター・チームの、正式なシグネチュア・モデルが発表。スコット・ルペイジのこちらは赤いボディー&キルテッド・メイプル・トップに金のパーツという、絢爛なルックスが特徴だ。ピックアップはエンドースしているディマジオ製に変更している。こだわりのあるアームの揺れ具合にも満足しているようだ。

スコット・ルペイジ SLM10

Specifications of SLM10

●ボディー:バスウッド(バック)、キルテッド・メイプル(トップ) ●ネック:ローステッド・メイプル ●フィンガーボード:ローステッド・メイプル ●フレット数:22 ●ネック・スケール:648mm ●ピックアップ:ディマジオ“True Velvet”(ネック&ミドル)、同“IGNO”(ブリッジ) ●ブリッジ:ゴトー“T1502” ●ハードウェア:ゴールド ●ナット:グラフテック

こちらはティム・ヘンソンのシグネチュア。黒と金のカラーリングや指板のインレイが、やはりゴージャスな外観を与えている。ピックアップはディマジオの“Notorious”に変更。スコットと同じくSSH配列だ。

ティム・ヘンソン THHB10

Specifications of THHB10

●ボディー:バスウッド ●ネック:ローステッド・メイプル ●フィンガーボード:ローステッド・メイプル ●フレット数:24 ●ネック・スケール:648mm ●ピックアップ:ディマジオ“Notorious”(ネック、ブリッジ) ●ブリッジ:ゴトー“T1502” ●ハードウェア:ゴールド ●ナット:ブラス

CHON / MAR10(Mario Camarena) & EH10(Eric Hansel)

Mario Camarena & Eric Hansel / CHON

CHONのマリオ・カマレナ・モデルは、薄いラヴェンダー・フィニッシュにアグレッシヴなシャーク・フィン・インレイというバランスがクール。ピックアップは“AZ”用に作られたセイモア・ダンカン”Hyperion”をそのまま使用している。
マリオ・カマレナ MAR10

Specifications of MAR10

●ボディー:バスウッド ●ネック:ローステッド・メイプル ●フィンガーボード:ローステッド・メイプル ●フレット数:24 ●ネック・スケール:648mm ●ピックアップ:セイモア・ダンカン“Hyperion”(ネック、ブリッジ) ●ブリッジ:ゴトー“T1502” ●ハードウェア:クローム ●ナット:グラフテック

CHONのエリック・ハンセル・モデル。ナトーやウォルナット、ジャトバなど、ユニークな材が使われている。彼が気に入っているという、アイバニーズ“Talman”のサウンドを狙ったSHピックアップ配列も特徴だ。

エリック・ハンセル EH10

Specifications of EH10

●ボディー:ナトー(バック)、ウォルナット(トップ) ●ネック:ローステッド・メイプル ●フィンガーボード:ジャトバ ●フレット数:24 ●ネック・スケール:648mm ●ピックアップ:セイモア・ダンカン“Alnico II Pro“、同Hyperion”(ブリッジ) ●ブリッジ:ゴトー“T1502” ●ハードウェア:クローム ●ナット:グラフテック

アイバニーズ最新情報

アイバニーズ公式ウェブサイト