鋼鉄武具合戦 2018夏の陣

鋼鉄武具合戦 2018夏の陣

7月27日(金)・28日(土)・29日(日)の3日間にわたり、島村楽器 ミーナ町田店にて開催された第3回メタル・ギタリストのための楽器展示会『鋼鉄武具合戦』。鋼鉄系サウンドに特化したギターやベース、アンプ等の試奏や購入、ギター・クリニックやギター点検会などのイベントも含め、多くの方にご来場いただいた。誠に感謝感激! 

当ページでは、2日目にYG主催で行なわれた『鋼鉄武具実演会』…今注目の鋼鉄系ギター13本をギタリスト岡 聡志が試奏した公開イベントから、その全機種の製品レビューを岡のコメントと共に一挙紹介しよう。来場できなかった人もぜひこちらを参考に、各ギターの魅力を感じ取ってほしい。

なお、ここに掲載している製品はすべて島村楽器 ミーナ町田店や同通販サイトにて購入が可能だ。中には売り切れている可能性もあるが、この他にも様々なギターがラインナップされている。詳しくは下記よりチェックしてみてほしい!
https://info.shimamura.co.jp/guitar/author/machida/

Crews Maniac Sound:
Solution R7 Ash Custom

Crews Maniac Sound:Solution R7 Ash Custom

ハイ・クオリティな楽器を製作する国産ブランドとして多くのミュージシャンから支持されているクルーズの7弦モデル“Solution R7 Ash Custom”は、同社の代表機種である“Ab's”の流れを汲んだ高いプレイアビリティを誇るギターで、島村楽器の限られた店舗で販売される“ワル”い見た目も特長だ。ネックは648mmのロング・スケールでグリップもクセのないシェイプなので、初めて7弦ギターを手にするという人でも違和感なく演奏することが可能。またアッシュ・ボディーにメイプル・ネック、エボニー指板、同社オリジナルのハムバッカー・ピックアップ、ヒップショットのフィックスド・ブリッジなどによって、非常に歯切れの良いタイトで輪郭のしっかりした音を生み出す。コイル・タップ搭載によるトーン・ヴァリエーションの多さも魅力だ。

身がしっかり詰まった感じのサウンドです

重量が結構あるので、身がしっかり詰まった感じのサウンドです。クリーン・トーンでは甘いジャジーな音も出せるし、パリッとした音も出せるし、バランスがいいと思いますね。音の立ち上がりもすごく速いです。クランチ・トーンにすると、アタッキーでクリスピーな感じの音になりますね。そしてさらに強く歪ませても高音域がしっかり出て、輪郭がハッキリした音になります。見た目通り悪っぽい感じの音ですね(笑)。

ネック・グリップはCシェイプとDシェイプの中間くらいの感じでハイ・ポジションも弾きやすいし、フレットが太いからレガート・プレイもすごくやりやすいので、リード・プレイにおけるプレイアビリティはかなり高いです。いろいろなトーンが引き出せるので、どんなジャンルにも対応できるギターだと思いますね。

仕様

ボディー
アッシュ
ネック
メイプル
フィンガーボード
エボニー
フレット数
24
スケール
648mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
クルーズ オリジナル・ハムバッカー(フロント&リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン(コイル・タップ)、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ヒップショット製フィックスド・ブリッジ
カラー
ブラック・レッド
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
クルーズ

拡大

Crews Maniac Sound:Solution R7 Ash Custom Crews Maniac Sound:Solution R7 Ash Custom Crews Maniac Sound:Solution R7 Ash Custom

E-II:
M-II-7 NT HIPSHOT

E-II:M-II-7 NT HIPSHOT

ESP USAが企画し日本の職人が製作するE-IIシリーズ。高品質でありながらリーズナブルな価格で提供する同ブランドのMシリーズの7弦モデルが“M-II-7 NT HIPSHOT”だ。モデル名の通りヒップショット製のフィックスド・ブリッジを搭載しており、タイトでアタック感の強いロー・サウンドが得られる。ボディーはスポルテッド・メイプル・トップのマホガニー・バックで、見た目のインパクトも大。ネックはメイプル3ピースのセットネックで、ジョイント部分は滑らかにカットされているためハイ・ポジションでのプレイアビリティは高い。ピックアップはベアナックルの“Warpig 7ST BBC”を搭載しており、ダークなメタル・サウンドからクリーンなジャズ・トーンまで創出することが可能だ。

歪んだ音が極悪な感じはジェント系にオススメ

クリーン・トーンは中音域に寄った音で、ちょっとクランチっぽい目が粗い感じがします。ピックアップの出力が高いのか、クランチ・トーンにするとかなりパワフルです。そしてさらに歪ませるとミッドの出方がすごくて、ヘヴィ・メタル向きのサウンドになりますね。ヘヴィ系でよくある半音のダブル・ストップのような不協和音を鳴らすと、ヒステリックな感じのサウンドになっていい感じです。低音ではしっかりザクザクと歪んでくれるけど、リードを弾くとピーキーにならずに甘い音が出るのもいいですね。全体的に奇麗にまとまった音だと思いますが、やっぱり歪んだ音が極悪な感じがするのでジェント系サウンドをやりたい人にオススメです。

ネック・グリップはDシェイプに近くて人によっては幅広く感じるかもしれないですが、太くはないのでむしろ弾きやすいと思います。スポルテッド・メイプルでバースト・カラーっていうルックスも珍しいと思うので、そこもポイントが高いですね。

仕様

ボディー
スポルテッド・メイプル(トップ)、マホガニー(バック)
ネック
3ピース・メイプル 
フィンガーボード
エボニー
フレット数
24
スケール
648mm
ジョイント
セット・ネック
ピックアップ
ベアナックル“Warpig 7ST BBC”(フロント&リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ヒップショット製フィックスド・ブリッジ
カラー
ダーク・ブラウン・ナチュラル・バースト
価格
¥285,000(税別)
お問い合わせ
ESP

拡大

E-II:M-II-7 NT HIPSHOT E-II:M-II-7 NT HIPSHOT E-II:M-II-7 NT HIPSHOT

Edwards:
E-SN-190MF

Edwards:E-SN-190MF

夭折した天才ギタリスト:藤岡幹大のシグネチュア・モデルを手に取りやすい価格で実現したエドワーズ・ヴァージョン“E-SN-190MF”。ESPの“Snapper”シリーズを基にしており、スタンダードなスタイルのモデルだが、随所に藤岡氏のこだわりが詰め込まれている。特に氏が“必須アイテム”と語っていたネック・ピックアップ・シングル・モード&ダイレクト・スイッチを搭載している点がポイントだ。またESP“Flicker Ⅲ”ブリッジとロック・ペグを併用することにより、チューニングの狂いが少なくスムーズなアーミングが可能。そしてネック・ジョイント部は新たに開発された“T-5 Ultimate Access”を採用しており、ハイ・ポジションにおける高いプレイアビリティを実現している。

弾き手のピッキングの感情や力強さをしっかり表現してくれます

クリーン・トーンは甘い音も出せるんですけど、どっちかと言うとシャキッとした感じの音がいいですね。単音カッティングなどで映えると思います。クランチ・トーンにすると倍音の成分がよく出てくるので、弾き手のピッキングの感情や力強さをしっかり表現してくれますね。強く歪ませると、アルダー・ボディのせいか甘い音になります。いい意味で全体的にレンジが狭いので、他の楽器と混ざったときにギターの帯域が出てくる音色なんじゃないかなと思いますね。フレットがデカいのでリード・プレイも楽チンです。

ミニ・スイッチをオンにすることによって、ピックアップ・セレクターがどの状態にあっても強制的にフロント・ピックアップに切り替わるようになっていて、コイル・タップした状態になります。フロント・ピックアップは使用頻度が高いし、タップした音も生々しいシングルコイルのトーンなのでとても使えるスイッチだと思いますね。

仕様

ボディー
アルダー
ネック
ハード・メイプル
フィンガーボード
ローズウッド
フレット数
22
スケール
648mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
セイモア・ダンカン“SH-1n”(フロント)&“SH-4”(リア)、ESP“ES-1”(センター)
コントロール
ヴォリューム、トーン、5ウェイ・ピックアップ・セレクター、ネック・ピックアップ・シングル・モード&ダイレクト・スイッチ
ブリッジ
ESP“Flicker III“
カラー
ヴィンテージ・バーガンディ・ミスト
価格
¥190,000(税別)
お問い合わせ
ESP

拡大

Edwards:E-SN-190MF Edwards:E-SN-190MF Edwards:E-SN-190MF

G-Life Guitars:
G-Phoenix

G-Life Guitars:G-Phoenix

DAITAを始め、様々なプロ・ギタリストが愛用するブランドのハード・テイル・モデル“G-Phoenix”。ボディーがライト・アッシュ・トップのマホガニー・バック、ネックがマホガニーの3ピースでフィンガーボードがメイプルという比較的モダンなスペックとなっているが、同社オリジナルのコントロール・システムが大きな特徴である。特にスイッチ一発でリア・ピックアップに切り替わるリア・ダイレクト・スイッチは、リード・プレイなどに重宝するだろう。また638mmというロング・スケールとミディアム・スケールの中間に位置するスケールも独特で、大胆にカットされたセットネックのネック・ジョイント部分も相まって滑らかなフィンガリングを約束する。

セッティングを決め込んでしまえば非常に使えると思います

スイッチのヴァリエーションがたくさんあって覚えるのが大変ですけど、逆にセッティングを決め込んでしまえば非常に使えると思いますね。それぞれのピックアップをオン/オフできるし、それぞれのコイル・タップも選べるし、いろいろな音が出せます。クリーン・トーンで弾いてみると、ボディー材がマホガニーなので甘い感じの音なんですが、高音域もちゃんと出ている感じがするのはトップ材にアッシュを使っているからなのかな。ネックもメイプルとマホガニーの3ピースになっているのがポイントですね。

クランチ・トーンにしたときのジャキジャキ感もすごくいいです。カッティング・プレイとかスラップをやると気持ちいいですね。ディストーション・サウンドだと倍音が強くなってくる感じがしてザクザクした音になります。赤のサンバースト・カラーも個性的で見た目的にもカッコいいと思いますね。

仕様

ボディー
ライト・アッシュ(トップ)、マホガニー(バック)
ネック
3ピース・マホガニー/ハード・メイプル
フィンガーボード
メイプル
フレット数
24
スケール
638mm
ジョイント
セット・ネック
ピックアップ
G-Life“1230AL5/n”(フロント)、“1230AL5/b”(リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター、リア・ダイレクト・スイッチ、ピックアップ・セレクト・スイッチ(タップ/オフ/シリーズ)
ブリッジ
ゴトー“510UB”
カラー
ブラッディ・レッド・スピネル
価格
¥330,000(税別)
お問い合わせ
G-Life Guitars

拡大

G-Life Guitars:G-Phoenix G-Life Guitars:G-Phoenix G-Life Guitars:G-Phoenix

Ibanez:
RGR8527FX

Ibanez:RGR8527FX

テクニカル・ギタリストやヘヴィ系ギタリストに高い人気を誇るアイバニーズの“RG”シリーズの7弦モデル“RGR8527FX”。ノン・トレモロのリヴァース・ヘッドが特徴で、648mmスケールながらタイトかつ重厚な低音を生み出す。そして同社の代名詞でもある“Wizard”ネック・シェイプにより、あらゆるポジションにおいてスムーズなフィンガリングを可能にしている。また深くえぐられたカッタウェイと、ボルト・オンながら滑らかな加工が施されたネック・ジョイント部によってハイ・ポジションにおける弾きやすさは圧倒的。ヘヴィ系ギタリストはもちろん、ジャズ/フュージョン系やポップスなど幅広いジャンルのギタリストにも対応する7弦ギターに仕上がっている。

ゴリゴリのディストーション・サウンドはアイバニーズならでは

クリーン・トーンがすごく煌びやかで奇麗ですね。特に両方のピックアップの内側だけのシングルコイルを使ったミックス・サウンドが“コリン”とした感じの音で気持ちいいです。アルペジオ・プレイとかですごく映えると思いますね。普通のロング・スケールのネックなのにリヴァース・ヘッドで低音弦の弦長が長いおかげか、ローBの音もしっかり鳴ります。クランチ・トーンはすごいジャキジャキの音がしますね。でも複雑なコードを弾いたりしても音の分離がすごくいい。ディストーション・サウンドはゴリゴリでアイバニーズならではっていう感じの音です。こういうメタリックな音を出したいっていうメーカーさんの明確な意思を感じますね。

ハードウェア類もしっかりしていて、何の違和感もなく自然にプレイできます。アウトプット・ジャックが斜めになっているのもいいですね。

仕様

ボディー
フレイム・メイプル(トップ)、マホガニー(バック)
ネック
5ピース・メイプル/ウェンジ
フィンガーボード
ローズウッド
フレット数
24
スケール
648mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
ディマジオ“PAF7”(フロント&リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン、5ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
アイバニーズ“Tight-End R7 Bridge”
カラー
ブラック・ルチル
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
星野楽器販売

拡大

Ibanez:RGR8527FX Ibanez:RGR8527FX Ibanez:RGR8527FX

Legator:
NRA7-200 2018

Legator:NRA7-200 2018

2012年にアメリカのカリフォルニアで設立された新興ブランド:レガターの7弦モデル“NRA7-200 2018”。ボディー材はアッシュで端に行くほど薄くなるシェイプが個性的だが、それによってタイトな鳴りを生み出している。また685.8mmのスーパー・ロング・スケールを採用しているため、7弦のロー・サウンドでも輪郭のハッキリしたロー・サウンドを実現。同社オリジナルのハムバッカー・ピックアップとの組み合わせによりヘヴィで重厚なディストーション・サウンドを鳴らすことができる。そして極薄のネック・グリップによってスムーズなフィンガリングを実現し、プレイアビリティも高い。杢目の導管に塗料を流し込んだカラーも印象的だ。

ボディーが鳴りすぎないことがタイトなトーンを生み出している

ネック・グリップがすごく薄いので、リード・プレイなどでスムーズなフィンガリングができると思います。ボディーもエッジがカットされているので薄く見えますけど、中心部は厚みがあって普通のギターとそんなに変わらないと思いますね。なので重量もそれなりにあって、逆にボディーが鳴りすぎないことがタイトなトーンを生み出しているんじゃないかな。

クリーン・トーンは独特な音で、ツヤツヤしすぎず程よく甘い感じです。でもクランチ・トーンにすると高音域も出てきてジャキっとした音になりますね。そしてディストーション・サウンドは、見た目通りの悪〜い音がします(笑)。ルックスと音が一致しているっていうのは分かりやすくていいですね。刺さりそうで攻撃的な感じがすごくインパクトがあります。今回試奏したギターの中では一番リーズナブルな価格なので、そこもポイントが高いですね。

仕様

ボディー
アッシュ
ネック
5ピース・メイプル/ウォルナット
フィンガーボード
メイプル
フレット数
24
スケール
685.8mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
レガター製オリジナル・ハムバッカー(フロント&リア)
コントロール
ヴォリューム、キル・スイッチ、5ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
オリジナル・モノレール・ブリッジ
カラー
ウォッシュド・パープル
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
島村楽器

拡大

Legator:NRA7-200 2018 Legator:NRA7-200 2018 Legator:NRA7-200 2018

LTD:
M-1008MS

LTD:M-1008MS

高品質を保ちながらより手頃な価格帯のモデルを提供するESPの海外ブランドLTD。その8弦モデル“M-1008MS”はマルチ・スケールを採用しており、1弦側は648mmのロング・スケール、8弦側は686mmのスーパー・ロング・スケールとなっている。そのため8弦の超低音でも輪郭がぼやけずアタッキーで張りのあるロー・サウンドを生み出すことが可能だ。またピックアップはセイモア・ダンカンの“Sentient-8”(フロント)と“Nazgûl-8”(リア)を搭載しており、特にリアはディストーション・サウンドのセッティング時に分厚いアグレッシヴなトーンを創出する。そしてコイル・タップも装備しているため、サウンド・ヴァリエーションは実に幅広い。

指板がすごくフラットなのでフィンガリングしやすい

8弦のマルチ・スケール・ギターということでちょっと慣れが必要だと思いますが、指板がすごくフラットなのでフィンガリングはしやすいと思いますね。クリーン・トーンでコイル・タップにすると、すごくパリッとした音になっていい感じです。そしてタップのままクランチ・トーンにすると、エッジが立って鋭い音になりますね。ピックアップの出力が高いのか、ディストーション・サウンドは地鳴りのようなヘヴィでタイトなトーンになります。

それからマルチ・スケールで低音弦のスケールが長いので、張りのある音がしますね。8弦開放の単音でグルーヴを刻むだけでもカッコよくなると思います。ジェント系のサウンドをやるならまさに打ってつけのギターですね。

仕様

ボディー
フレイム・メイプル(トップ)、マホガニー(バック)
ネック
5ピース・ハード・メイプル/パープル・ハート
フィンガーボード
エボニー
フレット数
24
スケール
686mm〜648mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
セイモア・ダンカン“Sentient-8”(フロント)、“Nazgûl-8”(リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン(コイル・タップ)、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ヒップショット製マルチ・スケール・ブリッジ
カラー
シースルー・ブラック・サテン
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
ESP

拡大

LTD:M-1008MS LTD:M-1008MS LTD:M-1008MS

Mayones:
Regius Core 6

Mayones:Regius Core 6

品質の良さとプレイアビリティの高さで人気のメイワンズは、1982年にポーランドで創設されたハンドメイド・ギター・メーカーだ。“Regius Core 6”は645mmというロング・スケールより少し短いスケールを採用(オプションでスーパー・ロング・スケールも選べる)した6弦モデルで、アーチトップ・ボディー、スルー・ネック、3対3のヘッド・ストックなどが特徴である。ボディーはメイプル・トップにアッシュ・バックだが、ネックはメイプル、マホガニー、アマザコエ、ウェンジを組み合わせた11ピースとなっているのも個性的。ピックアップはセイモア・ダンカンの“SH-2n Jazz”(フロント)と“TB-4 JB”(リア)を採用しており、クリーン、クランチ、ディストーションと状況に合わせたベストなトーンを生み出すことができる。

ダイナミクスがすごく出るので弾いていて楽しい

メイワンズのギターって手に取ってすぐに馴染むような弾きやすさがありますね。デフォルトのセッティングの状態ですごくフィットするので、テクニカルなプレイにも向いています。クリーン・トーンでは、コイル・タップにすると歯切れのいいカッティング・プレイ向きのサウンドも出せるし、フロント・ピックアップに切り替えるとジャジーな音も出せるし、すごく使いやすいですね。クランチ・トーンでは、音の分離がいいのでコードをプレイしたときのサウンドがすごく奇麗です。

アーチトップっていうこともあって、少しレスポールっぽいニュアンスもありますね。歪ませたディストーション・サウンドも、リードからバッキングまで非常に奇麗な音でプレイすることができます。ダイナミクスがすごく出るので弾いていて楽しいギターですね。

仕様

ボディー
メイプル(トップ)、アッシュ(バック)
ネック
11ピース・メイプル/マホガニー/アマザコエ/ウェンジ
フィンガーボード
エボニー
フレット数
24
スケール
645mm
ジョイント
スルー・ネック
ピックアップ
セイモア・ダンカン“SH-2n Jazz”(フロント)、“TB-4 JB”(リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ヒップショット“ABM”
カラー
モノリス・ブラック・ブラック
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
スリークエリート

拡大

Mayones:Regius Core 6 Mayones:Regius Core 6 Mayones:Regius Core 6

Ormsby Guitars:
Hypemachine 7 CTM SM

Ormsby Guitars:Hypemachine 7 CTM SM

オーストラリアのギター製作家ペリー・オームスビーが手がけるギター・ブランド:オームスビーの7弦モデル“Hypemachine 7 CTM SM”は、スポルテッド・メイプル・トップにタスマニア・ブラックウッド・バックという個性的なボディー材を使用した見た目のインパクトも大きいギターで、独特な形状のヘッドも印象的だ。そして1弦側が647.7mm、7弦側が695.96mmというマルチ・スケールを採用することによって、低音弦でも張りのあるエッジーな低音が魅力。ピックアップは同社の“De La Creme A2”(フロント)と“Hot Rock A8”(リア)を搭載しており、クリーン・トーンからヘヴィ・サウンドまでレンジが広くバランスのいい音を創出する。

タイトなリフを弾くといい感じですね

スポルテッド・メイプルのギターではあまり見ない、ダークな色で染め上げたカラーが印象的ですね。壁に飾ってずっと見ていたい(笑)。ヘッドのデザインも個性的でカッコいいです。クリーン・トーンは艶っぽい音で、すごく好きな音です。コーラスとか掛けたくなる感じですね。クランチ・トーンはコイル・タップで弾くとシャキッとしていて、歪んでるけど奇麗な音です。さらに歪ませてディストーション・サウンドにしても奇麗な感じがしますね。ファンド・フレットになっていることも、奇麗な音が出る理由なのかなと思います。

ミュートすると音がスパッと切れるので、タイトなリフとかを弾くといい感じですね。材質的に固い音がするのかなと思っていたけど意外とそうでもなくて、痛くない感じにまとまっています。

仕様

ボディー
スポルテッド・メイプル(トップ)、タスマニア・ブラックウッド(バック)
ネック
ハードロック・メイプル
フィンガーボード
ウェンジ
フレット数
24
スケール
695.96mm〜647.7mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
オームスビー“De La Creme A2”(フロント)、“Hot Rock A8”(リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ヒップショット製カスタム・スルー・ボディー
カラー
チャコール・グレー
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
キクタニミュージック

拡大

Ormsby Guitars:Hypemachine 7 CTM SM Ormsby Guitars:Hypemachine 7 CTM SM Ormsby Guitars:Hypemachine 7 CTM SM

Schecter:
L-SD-2-24-AL-VTR-M

Schecter:L-SD-2-24-AL-VTR-M

純国産となるシェクター・ジャパンの“L-SD-2-24-AL-VTR-M”は、トラディショナルなスタイルを持つため非常に取り回しがラクなモデルだ。ハードウェアもシンクロ・スタイルのブリッジ&ロック・ペグで安定性も抜群。ボディーはアルダー・バックのキルテッド・メイプル・トップで、サテン・フィニッシュのカラーがとても美しい。写真のモデルは限られたエリアの島村楽器で販売される特別な仕様だ。ピックアップは同社の“Super Rock J”(フロント&リア)、 “Monster Tone J”(センター)という組み合わせで、クリーンから歪みまであらゆるシチュエーションで最高のトーンを生み出す。さらにコイル・タップとスプリット・トーンも搭載しており、幅広いサウンド・ヴァリエーションを誇る。

どんなジャンルでも対応できるギターですね

フロント&リアのピックアップに“SUPER ROCK J”が搭載されていて出力は高めなんですが、意外とクリーン・トーンが甘くてまろやかな感じでジャジーな音が出せます。そしてちょっと歪ませてクランチ・トーンにしてみると、倍音が出てきてジャキっとした音になりますね。さらに歪ませるとザクザクした音になって、リフとか弾くととても気持ちいいです。あとフレットが太いので軽く押さえただけで音が出るから、リード・プレイにおけるレガート・プレイも滑らかに弾けますね。

比較的お手頃な価格帯なのに、ボディーのトップ材にしっかりした厚めのものが貼ってあるのでそれも音に反映されていると思います。色もマット・フィニッシュで今っぽくて、コイル・タップも付いているからいろんな音が出せるし、どんなジャンルでも対応できるギターですね。

仕様

ボディー
キルテッド・メイプル(トップ)、アルダー(バック)
ネック
ハード・メイプル
フィンガーボード
メイプル
フレット数
24
スケール
648mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
シェクター“Super Rock J”(フロント&リア)、“Monster Tone J”(センター)
コントロール
ヴォリューム、トーン(スプリット・トーン・コントロール)、5ウェイ・ピックアップ・セレクター、コイル・スプリット・スイッチ
ブリッジ
ゴトー“510T FE1”
カラー
フェイデッド・ブルー・ジーン
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
シェクター・コーポレーション

拡大

Schecter:L-SD-2-24-AL-VTR-M Schecter:L-SD-2-24-AL-VTR-M Schecter:L-SD-2-24-AL-VTR-M

Skervesen Guitars:
Swan 7 Poplar Burl FF Black Graphite

Skervesen Guitars:Swan 7 Poplar Burl FF Black Graphite

スケルヴェセンは2011年に設立されたポーランドのカスタム・ギター・メーカーで、多弦ギターやファンフレットのモデルが人気を博している。“Swan 7 Poplar Burl FF Black Graphite”は648mm(1弦)〜686mm(7弦)のマルチ・スケールを採用した同社を代表する7弦モデルで、ボディー・トップのポプラ・バールの個性的なルックスもインパクト大だ。ピックアップにはペリフェリーのミーシャ・マンソーのシグネチュア・モデルであるベアナックルの“Juggernaut”(フロント&リア)を搭載しているが、煌びやかなクリーン・トーンからヘヴィなリズム・サウンド、スムーズなリード・トーンまで最高の音を創出する。コントロールは1ヴォリュームにピックアップ・セレクターのみとシンプルだ。

見た目は個性的だけど、弾いてみると扱いやすい

ディストーション・サウンドでブリッジ・ミュートして弾くと、めちゃめちゃタイトで“ああジェントだ”っていう感じの音になりますね。ブリッジがかなりボディー・エンド側に寄っているので、ちょっと弾き方に慣れる必要はありますがバランス的にはいい感じです。コイル・タップにすると、中音域がグッと出てきてよりジャキっとした音になりますね。今のメタル・シーンの音っていう印象です。なのでヘヴィ系ギターかなと思ったら、クリーン・トーンの音もすごく奇麗です。

結構傾斜がキツいファンド・フレットではあるんですが、リード・プレイもバッキング・プレイも非常に弾きやすいですね。見た目が個性的でインパクトがあるんですが、弾いてみると扱いやすいのでそのギャップが面白いギターだと思います。

仕様

ボディー
ポプラ・バール(トップ)、パーフェロー(ミドル)、スワンプ・アッシュ(バック)
ネック
5ピース・メイプル/ウェンジ
フィンガーボード
ブラック・エボニー
フレット数
24
スケール
686mm〜648mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
ベアナックル“Juggernaut”(フロント&リア)
コントロール
ヴォリューム、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ABM製シングル・サドル
カラー
ブラック・バースト・レッド
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
島村楽器

拡大

Skervesen Guitars:Swan 7 Poplar Burl FF Black Graphite Skervesen Guitars:Swan 7 Poplar Burl FF Black Graphite Skervesen Guitars:Swan 7 Poplar Burl FF Black Graphite

Strandberg:
Boden J7 Standard Ash Illusion Red/Rosewood Fingerboard

Strandberg:Boden J7 Standard Ash Illusion Red/Rosewood Fingerboard

2007年にオーラ・ストランドバーグがスウェーデンで設立したギター・メーカー:ストランドバーグは、チェンバー・ボディーにヘッドレス、角張った“エンデュアー・ネック”グリップなどが話題を呼び一躍人気ブランドとなった。そして同社の代表的なモデル“Boden”の日本製7弦ヴァージョンが“Boden J7 Standard Ash Illusion Red/Rosewood Fingerboard”である。ネックは1弦側が635mm 、7弦側が654mmというマルチ・スケールを採用することによって低音弦側のテンションを確保しており、“エンデュアー・ネック”によって安定感のあるフィンガリングが可能。またノイズレスなレース製“Alumitone”ピックアップを採用しており、強く歪ませてもノイズ皆無のクリアーなディストーション・サウンドを得ることができる。

ジャンルを選ばず使えるバランスのいいギター

ボディーがチェンバー加工されているので中音域がよく出る印象なんですけど、クリーン・トーンだとジャジーな感じの音になりますね。ストランドバーグってメタル系のギタリストがよく使っているイメージがありますけど、トーンを絞ったクリーンなどはすごいジャズ向きな音だと思います。そういう意味でも、ジャンルを選ばず使えるのですごくバランスのいいギターなんじゃないかな。

レースのピックアップってシャキシャキした音の印象なので、クランチ・トーンで弾くと軽やかなサウンドになりますね。そして強く歪ませたディストーション・サウンドでもノイズが全く出ないので、タイトなプレイができます。クリーン、クランチ、ディストーション、どの音で弾いても気持ちいいですね。ヘッドレスでチェンバー加工されているのですごく軽いのもポイントです。

仕様

ボディー
アッシュ(トップ)、バスウッド(バック)
ネック
ローステッド・メイプル
フィンガーボード
ローズウッド
フレット数
24
スケール
654mm〜635mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
レース“Alumitone Deathbucker”(フロント&リア)
コントロール
ヴォリューム、トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ストランドバーグ製オリジナル・ブリッジ
カラー
アッシュ・イリュージョン・レッド
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
Strandberg

拡大

Strandberg:Boden J7 Standard Ash Illusion Red/Rosewood Fingerboard Strandberg:Boden J7 Standard Ash Illusion Red/Rosewood Fingerboard Strandberg:Boden J7 Standard Ash Illusion Red/Rosewood Fingerboard

STRICTLY 7 GUITARS:
Cobra Standard8 HT/B

STRICTLY 7 GUITARS:Cobra Standard8 HT/B

STRICTLY 7 GUITARS(S7G)はアメリカのオハイオ州の工房で製作されるカスタム・ギター・ブランドで、特に多弦モデルが人気である。“Cobra Standard8 HT/B”は8弦モデルで698.5mmのスーパー・ロング・スケールを採用しており、さらにリヴァース・ヘッドによって8弦のロー・サウンドもしっかりしたテンション感でプレイすることが可能だ。ネックはかなり幅広だがカーリー・メイプル&ウォルナットの7ピースで強度を確保、またフィンガーボードにはエボニーを使用して立ち上がりの速いアタッキーなトーンを実現している。ピックアップはセイモア・ダンカンの“Sentient-8”(フロント)と“Nazgûl-8”(リア)で、ヘヴィ系ギタリストが求める理想のディストーション・サウンドを創出可能。

歪ませることを前提にしているようなタイトな造り

歪ませることを前提にしているようなタイトな造りになっているので、クリーン・トーンだとかなり潰れた感じの音になっているんですが、フロント・ピックアップにすると甘いトーンも出せますね。そして歪ませてディストーション・サウンドにすると、圧倒的な音圧の低音が鳴ります。8弦のローの音がかなり低いので、パワー・コードとかを弾くとロー・インターバル・リミットによって音が濁ってしまうため、ベースっぽく単音で弾くのがいいかもしれないですね。フル・ゲイン・サウンドに特化したような感じの低音の歪みが気持ちいいです。ジェント系をやるならコレって感じですね。

リード・プレイだとちょっと硬めの音だけど、すごく輪郭がハッキリします。スケールが長いしネックが幅広なのでクラシック・ギターのようなフィンガリングで弾くことを前提としていると思うんですが、慣れればかなり弾きやすいと思いますね。

仕様

ボディー
ノーザン・アッシュ
ネック
7ピース・カーリー・メイプル/ウォルナット
フィンガーボード
エボニー
フレット数
26
スケール
698.5mm
ジョイント
ボルト・オン
ピックアップ
セイモア・ダンカン“Sentient-8”(フロント)&“Nazgûl-8”(リア)
コントロール
マスター・ヴォリューム、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジ
ヒップショット製ハードテイル
カラー
ダーク・プラム・サテン
価格
オープン・プライス
お問い合わせ
島村楽器

拡大

STRICTLY 7 GUITARS:Cobra Standard8 HT/B STRICTLY 7 GUITARS:Cobra Standard8 HT/B STRICTLY 7 GUITARS:Cobra Standard8 HT/B

トップに戻る