The Ruins Of Reminiscence/ADRASTEA

The Ruins Of Reminiscence/ADRASTEA

ダーク・ムーアやシークレット・スフィアの名古屋公演でオープニング・アクトを務めた、’13年始動の、女性シンガーを擁する5人組による初のアルバム。音楽的にはシンフォニック・メタルだが、メンバー自身がこの類のスタイルを特に好んで聴いてきたことが窺える内容だ。ドラマティックさを追究するあまり、親しみやすさが失われてしまうバンドも少なくないが、彼らの場合、映画などのサウンドトラック的な大仰さを保ちつつ、キャッチーに訴える要素も相応にバランスさせている。豪華なサウンドの中で、ギターもさりげなく自己主張を刻み込む。メロディアスなフレーズ作りに注目したいところだ。
(土屋京輔)