THE DEVIL PUT DINOSAURS HERE/ALICE IN CHAINS

THE DEVIL PUT DINOSAURS HERE/ALICE IN CHAINS

カリスマ・フロントマンを亡くしたバンドがその後成功を収めた例は少なく、後釜が無名となればなおのこと。ウィリアム・デュヴァール(vo)を起用しての’09年の復活作でミリオン・セラーを成し遂げ、2度目の黄金期を迎えた彼らの復活2作目が登場。どこを切ってもAICで、メイン・ヴォーカルよりジェリー・カントレル(g, vo)のコーラスの存在感がデカいのも前作と同様(ここはバンドの伝統/特色と見なすべきだろう)という、安定の横綱相撲作だ。ギターを弾けぬほど肩を痛めて手術を受けたというジェリーだが、術後の経過は良好のようで、過去作と遜色のない艶かしいタッチのソロを聴かせてくれるのが嬉しい!
(菅原健太)