毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

HAIL TO THE KING/AVENGED SEVENFOLD

ヘイル・トゥ・ザ・キング/アヴェンジド・セヴンフォールド

アーティスト名 AVENGED SEVENFOLD
アヴェンジド・セヴンフォールド
アルバム名 HAIL TO THE KING
ヘイル・トゥ・ザ・キング


CD | ワーナーミュージック・ジャパン | 8月28日発売

Amazonで購入する

’10年『NIGHTMARE』に続く6thとなるスタジオ作品。3年ぶりだ。マイク・ポートノイ(サポート)に替わるドラマーは’11年始めから参加しているエレン・イラハイだが、正式なメンバーということではないとか。

いつも曲作りとアレンジには時間を惜しまないA7Xだが、今回は前々作、前作を超える約9ヵ月間を費やした。それらの曲は、クラシック学にも精通したプロデューサー:マイク・エリゾンドの補佐もあって多岐に渡っているが、軸になるのは、シニスター・ゲイツ(g)によると「A7Xにしてはダーク」、ザッキー・ヴェンジェンス(g)によると「余計な装飾をせずメタルの原点を探った」という楽曲。シニスターは「プログレッシヴ要素を少し抑えている」とも話しているが、いやいや「Requiem」などは独特の世界に引きずり込むという意味で、十分なプログレ観がある。サーカスのような“テクニカル”はないが、オーケストラとクワイアを駆使した広がりと深みは彼らならでは、これぞA7Xという感じだ。

シニスターのプレイはテクニックも相変わらずでありつつ、それよりも感情表現の方に重きを置いている。それが際立つのは、珍しいほど直球どマイナーの「Acid Rain」。涙ナミダの曲自体も聴きどころだが、そのソロは「こんなプレイをやりたい…」と多くのギタリストが賛同するであろうタイプである。それをひっくるめて、新しい扉を開けた作品と言える。
(福田真己)