BLAZING CRISIS/BLINDMAN

BLAZING CRISIS/BLINDMAN

 活動を休止していた時期があるとはいえ、今年で結成17年目。もはやベテランの域に達してきたブラインドマンの8枚目のアルバムが完成した。“日本版デヴィッド・カヴァデール”と呼ばれる高谷“ANNIE”学のソウルフルなヴォーカルを武器にした音楽は、ホワイトスネイク風のブルージーなヘヴィ・メタルを1つの座標軸にしつつ、よりモダンでメタリックな曲や叙情性を感じさせるナンバーを収録。日本のバンドとは思えないような風格漂う楽曲が並ぶ中、中村達也のパワフルでキレのあるリズム・ギターとスピード感溢れるスリリングなギター・ソロも楽曲を派手に盛り上げている。
(Jun Kawai)