GOODBYE REPENTANCE/DEAD LORD

GOODBYE REPENTANCE/DEAD LORD

スウェーデンから登場したレトロ志向ハード・ロック・バンドのフルレンス・デビュー・アルバム。一聴してシン・リジィからの影響が顕著で、泣きのバラード含めどこかで聴いたことがあるフレーズやツイン・リードが散見されるも、歯切れ良くシンプルなリズム・ワークはどっちかと言えばNWOBHMっぽい──と思ったら、ベースはエンフォーサーのT・リンドクヴィストだったり。ただ、NWOTHM流の疾走感とは全く無縁だし、速弾きゼロのギター・ソロも実にまったりして、本編全8曲という収録曲数、アナログ録音にこだわったオーヴァーダブなしで隙間だらけのプロダクションも、しっかり1本スジが通っている。
(奥村裕司)