THRILL OF THE NIGHT/GRAND DESIGN

THRILL OF THE NIGHT/GRAND DESIGN

’06年にシンガーのペッレ・サエザーを中心に結成されたスウェーデン出身の5人組による、3作目にして日本デビューとなるアルバム。ヒット・ポテンシャルの高い’80年代ハード・ロックを愛好するリスナーには、特に大歓迎される作品だろう。音楽的影響の筆頭に挙げるのがデフ・レパードで、サウンド・プロダクションもジョン・マット・ランジを瞬時に想起させるもの。シンプルで軽快なリズム、クリアな音像、キャッチーなクワイア等々。北欧らしい叙情性も漂わせながら、ストレートなメロディアス・チューンが次々と繰り出されてくる。ボーナス・トラックにはプロミスズとヴィクセンのカヴァーを収録。
(土屋京輔)