STAND IN THE WORLD/HEAD PHONES PRESIDENT

STAND IN THE WORLD/HEAD PHONES PRESIDENT

東京を拠点とする4人組が放つ、4年半ぶりとなる3枚目のフル・アルバム。ヘヴィネス、アグレッション、メランコリー、ドラマ等々、鍵になる要素は様々だが、誤解を恐れずに言えば、これまでになく広範なリスナー層にアピールし得る内容だ。HIRO(g)が曲作りの中心的立場になったことも無関係ではないはずで、ソロ・パートも明らかに増加。主旋律と並立するメロディーで二次的効果も生み出す、あるべきフレーズを随所で聴かせている。歌唱表現の広がりも特筆すべき事項だろう。全体のアンサンブルと相まって、陰鬱とした世界観すらポップに響いてくる。HPPの新たな幕開けを実感できる重要作。
(土屋京輔)