THIRD ACT IN THE THEATRE OF MADNESS/ILLNATH

THIRD ACT IN THE THEATRE OF MADNESS/ILLNATH

デンマーク産メロディック・デス・メタル・バンドの3rd。強烈な哀感を発する劇的デス・メタルを詰め込んだ1stフル(’03年)でバンドの存在を強く印象付けたが、その後メンバー交替やレーベルとのトラブルが続き’06年の2ndも振るわぬ内容だった。が、それから約5年ぶりとなる本作では新たに獲得した美女デス・ヴォイス・シンガー:モナ・ベック嬢をフロントに据え、心機一転初心に戻ったかの勢いを取り戻している。鍵盤奏者の脱退によって煌びやかなシンフォ色は薄まるも、唯一のオリジナル・メンバー:ピート・フォークのメランコリックな味わいの叙情ギター・プレイを主軸に再起を図る勝負作だ。(羽田幸一)