毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

SOUNDS OF A PLAYGROUND FADING/IN FLAMES

サウンズ・オブ・ア・プレイグラウンド・フェイディング/イン・フレイムス

アーティスト名 IN FLAMES
イン・フレイムス
アルバム名 SOUNDS OF A PLAYGROUND FADING
サウンズ・オブ・ア・プレイグラウンド・フェイディング


CD | R and C | 2011年6月22日発売

Amazonで購入する

かつて楽曲制作の核を担っていたイェスパー・ストロムブラード(g)が脱退、それが凶と出るか吉と出るか。恐らく北欧界隈で最も注目を浴びている新作の1枚だろうが、結論を言えば…ここ数作の彼らの変化の幅を考えれば、強烈に変わった印象はない。前作の時点で既にメロデスから大幅に脱却しているわけで、今作もその延長と言えそうだ。ただ歌メロを聴かせるミドル・テンポの楽曲が増え、その分ギターのメロディーがアイアン・メイデン的方向へ寄ったことで、普遍性はグッと増加。デス要素が完全になくなったのをどう受け止めるかで、評価は変わると思うが、正統派メタルとして十分以上に高品質だ。
(坂東健太)