TRUST FALL(SIDE A)/INCUBUS

TRUST FALL(SIDE A)/INCUBUS

『LIGHT GRENADE』(’06年)以降、次作までのインターヴァルが空きがちな彼らだが、約4年ぶりとなる今回の音源は気合いが違う。長年親しんだエピックからレーベルを移籍し、心機一転臨んだ4曲入りEP。重要なコアは間違いなくギタリストのマイク・アインジガーであり、絡みつくようなアルペジオと鋭いカッティングでリードする1曲目「Trust Fall」からして、新生感を印象づけてくれる。ブランドン・ボイド(vo)の妖艶なファルセットが耳に残るレイジーな「Make Out Party」もいい。どの曲にも、このバンドならではの有機性が色濃く出ていて、その点は不変で嬉しいところ。
(小口正貴)