ABRA KADAVAR/KADAVAR

ABRA KADAVAR/KADAVAR

この6月に新作発表のブラック・サバスにあやかって…か、大手“NUCLEAR BLAST”より’70年代初期風のハード・ロックを鳴らす新鋭が相次いで登場。本作は独ベルリンを拠点にするトリオの2作目で、ストーナー専門レーベルからの移籍第1弾だ。グランド・ファンク・レイルロード的な豪快さやMC5っぽい生々しさを放つ一方で、ジャーマン・プログレやフラワー・トラヴェリン・バンドまでをもそのテリトリーにしていそうなカルト臭も持ち合わせるという、これまでであればニッチな層狙いのレーベルを根城にしていたはずのサウンドだが(石間秀機チルドレン的なリフ/リックも!)、その成否やいかに…!?
(菅原健太)