MEIR/KVELERTAK

MEIR/KVELERTAK

ノルウェー出身、9月に来日予定の9人組による2ndフル。R&R/ストーナー的なルーズなノリや、’80年代メタルのメロウなリード・ギター、果てはブラック・メタル的なトレモロ・リフも織り込みつつ、ひたすら暴力的に突き進むエクストリーム・ヘヴィ/ラウド・ロックをプレイする。ノリのよい、しかし随所でひねくれ感を押し出すドラムに、時に陽気に時に邪悪にうねるベース、トリプル・ギターを活かした緻密なオーケストレーションが冴えており、とことんヴァイオレントで殺気立っていた’10年の前作『KVELERTAK』よりも余裕が出た分、個性を損なわずよりカラフルで奥行きのある作品に仕上げてくれた。
(小澤明久)