Serendipity/Li-sa-X

Serendipity/Li-sa-X

お茶の間でもすでに話題の、弱冠12歳の凄腕女の子ギタリストによるデビュー・ミニ。ポール・ギルバートやポリフィアのゲスト参加も凄いが、完コピを超えた感動をもたらすプレイは圧巻のひと言である。ただ上手いだけなら12歳の女の子でもしん酌するものではないが、速弾きのテクニックもさることながら、独自のフィーリングを持ったひとかどのギタリストであり、「Yankee Doodle(アルプス一万尺)」なんかには12歳の少女らしさが盛り込まれているし、逆にオリジナルのタイトル曲では洗練された大人なプレイが聴ける。周りの大人の言うことなんか気にせず、自分の道をひたすら歩んでほしい。
(小澤明久)