Re:generation/MAHATMA

Re:generation/MAHATMA

女性ヴォーカルとキーボードを擁する国内4人組による1stフル。ライトブリンガーのライヴ・サポートを務めたメンバーが複数いたり、ライトブリンガー/アルハンブラのHibiki(b)のゲスト参加でも分かる通り、すこぶるテクニカルな演奏が際立ち、そこに歌謡性のあるメロディーが乗るスタイルが特徴だ。プログレッシヴなメタルはもとより、ジャズやフュージョン、J-POPバラード、さらにラテン・ジャズに踏み込んだものまであり、その超絶アンサンブルから並ならぬ力量は明らか。単に技巧的なだけでなく、これだけ多様な型に順応するギター・プレイはキッズにとって良い教材にもなるはず。
(早川洋介)