Chi Kyu/MATENROU OPERA

Chi Kyu/MATENROU OPERA

摩天楼オペラ、4作目のフル・アルバム。世界を形成する五大元素の“地・水・火・風・空”をコンセプトにしつつ、劇的なロックを追求した本作は、メロディック・スピード・メタルやネオ・クラシカル・メタル・ナンバーの他に、フレンチやアラビア風、賛美歌を取り入れた曲、さらにジャジーな展開など、多彩なアレンジも聴きどころだ。要所に盛り込まれたプログレッシヴな展開などバンドの表現力にも進化が感じられ、ヴォーカル・メロディーの充実ぶりには目を見張るものがある。ネオ・クラシカル・スタイルを武器にしたAnzi(g)の楽曲を活かすフレーズ作りの巧さと安定したテクニックも光っている。
(Jun Kawai)