STILL IN THE BALANCE/ME IN A MILLION

STILL IN THE BALANCE/ME IN A MILLION

ドイツ出身のツイン・ヴォーカル&ツイン・ギターのポスト・ハードコア・バンドによる1st。強力なグロウルを軸にメタルコアっぽいゴリゴリ感も押し出しながら、全体的には非常に聴きやすくキャッチーと言っていい楽曲が並んでおり、クリーン・ヴォーカルの歌い上げが主導するメロディーも上質で、重激成分とのバランスも良好。ブレイクダウンに押しつけがましさがないのもいい。また、そこにエレクトロニクスを上手にアレンジしているのがサウンドの最大の肝だ。ウォウ・イズ・ミーやア・スカイリット・ドライブなどを手掛けたキャメロン・ミゼルのプロデュースで、デビュー作ながら完成度はすこぶる高い。
(小澤明久)