THE KILLING GODS/MISERY INDEX

THE KILLING GODS/MISERY INDEX

米国メリーランド産社会派デス・メタルの先導者が放つ5作目。スタジオ作品としては4年ぶりで、この間にツイン・ギターの一方が替わっているのだが、密集ブラスト・ビートに寸分違わずシンクロする鋼のシュレッドの圧力には些かの鈍りも感じられない。トレードマークたる激しく歪んだ咆吼ヴォイスを載せて突撃する様は、相変わらず鬼神の迫力。のみならず今回のツイン・ギターは悲壮なメロディーが際立つパッセージやソロを要所にちりばめ緩急の落差で引き込む術にも長けており、楽曲展開のドラマティック度が大幅にアップしている。世界の苦痛と苦悩を全力告発し続ける彼らに、煽りの新ワザが加わった。
(平野和祥)