PANTHEON -PART 1-/摩天楼オペラ

PANTHEON -PART 1-/摩天楼オペラ

結成10周年を迎えるタイミングでリリースされる5枚目のフル・アルバム。昨年10月発表のミニ作品『PHOENIX RISING』と同様に、彼らの音楽性の根幹であるヘヴィ・メタルを独自のテイストで前面に押し出してきた。新たな飛躍を遂げる確たる意志を体現するかのごとく、パワフルかつアグレッシヴな疾走チューンが目白押し。叙情性を喚起するメロディーを配した、ライヴで大合唱を導きそうなドラマティックな構成もお馴染みだ。Anziの脱退を心配する向きもあるだろうが、本作でサポート参加したJaY(LIGHT BRINGER)のギター・プレイが素晴らしい。新たな訴求点を備えた強力作に仕上がった。
(土屋京輔)