UNIVERSE/RENO

UNIVERSE/RENO

’15年4月に解散したViViDのギタリストによる初のソロ作。バンド時代からハード・ロックが下地のキャッチーなJ-ROCKサウンドを鳴らしており、今作はその流れを汲む正統的ギター・インスト作品に仕上がっている。過去V系のフィールドで活動してきたが、速弾きやアーミング、タッピングも取り入れて、メロディックに紡いだフレーズで真っ向勝負しているところにハード・ロック/メタル・ギタリストとしての意地を感じた。彼に対する認識を新たにする人も多いはずで、SIAM SHADEをフェイヴァリット・バンドの1つに挙げているのも頷ける音だ。SOPHIA/Rayflowerの都 啓一(key)も参加。
(早川洋介)