THE FIRST FRISSON OF THE WORLD/SERENITY IN MURDER

THE FIRST FRISSON OF THE WORLD/SERENITY IN MURDER

東京出身、女性ヴォーカルを擁する6人組メロディック・デス・メタル・バンドによる1stフル。古式ゆかしいイエテボリ・スタイルからメタルコア風のモダン・アプローチ、果てはバンド名の由来であるスレイヤー風のヘヴィかつダークなスラッシュ・メタルと、実に多彩なアプローチを採りながら、アーチ・エネミーを思わせる叙情的なツイン・リードとキーボード・シンフォの洪水でサウンドの芯を常に確保している。曲展開にやや強引なところが見えたり、詰め込み気味なサウンドの中で金看板となるべきリード・ギターがクリアさに欠けるといった粗もあるが、若さみなぎる意気軒昂ぶりとメタル愛が何しろ眩しい。
(小澤明久)