Find New Days/SPICY KICKIN

Find New Days/SPICY KICKIN

’70年代のクロスオーヴァー/フュージョンをバンド・スタイルとして明確に打ち出したユニークな4人組。全員がヴォーカル&コーラスを担当しているが、誰もが専任レベルの力量。9割が歌モノなのも納得だが、そのプレイも’70〜’80年代フュージョン系の超ハイテク。4人とも名だたるスタジオ/サポート・ミュージシャンでもあるだけにその完璧さも当然だが、何しろ歌いながら演奏するレベルを遥かに超えている。ギター松田 肇のシャープかつ時にレイドバックした巧妙なカッティングさばきは、まさにこれぞ匠の技。歪みにコンプを掛けて中域を押し出す懐かしいトーンで、フレーズも往時風のソロにも注目。
(安保 亮)