毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

GRAFFITI ON THE TRAIN/STEREOPHONICS

グラフィティ・オン・ザ・トレイン/スレテオフォニックス

アーティスト名 STEREOPHONICS
スレテオフォニックス
アルバム名 GRAFFITI ON THE TRAIN
グラフィティ・オン・ザ・トレイン


CD | ソニー・ミュージック ジャパン インターナショナル | 2月27日発売

Amazonで購入する

このバンドの歩んできた歴史を振り返ると、いつもフー・ファイターズを思い出す。度重なるメンバーの交替、リフレッシュのための長期休暇、同業者から好かれやすいフロントマン…何より“どんなアルバムも高値安定”という根っこがソックリだ。1年間の休暇を経て、新レーベルからの1作目(通算8作目)となる本作も、質の高い音楽を最後まで堪能できる。青臭い冒頭の「We Share The Same Sun」、英国の香り漂う哀愁の「Indian Summer」、昔のオアシスのごときロックンロールの「Catacomb」。どれをとっても“ケリー・ジョーンズ(vo, g, key)節”は健在である。この人は本当にいい年の取り方をしている。
(小口正貴)