毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

THE TRUTH IS…/THEORY OF A DEADMAN

ザ・トゥルース・イズ…/セオリー・オヴ・ア・デッドマン

アーティスト名 THEORY OF A DEADMAN
セオリー・オヴ・ア・デッドマン
アルバム名 THE TRUTH IS...
ザ・トゥルース・イズ…


CD | ワーナーミュージック・ジャパン | 2011年7月27日発売

Amazonで購入する

“ニッケルバックの弟分”の名でデビューを飾った4人組、通算4作目。地道なドサ回りとシングル・ヒットによって、皮肉にも日本盤がスルーされた前作『SCARS AND SOUVENIRS』(’08年)がミリオン・セールスを記録。一躍トップ・バンドの仲間入りを果たした。だが、洗練とは縁がないのがらしいところで、米国南部の影響を受けた泥臭いロックに、タイラー・コノリー(vo, g)のねっとりしたしゃがれ声が絡みつく(今どきリーゼントとは凄い!)。2本のギターはハード・ロック・マナーに則り、リフでは切っ先鋭いフレーズを繰り出し、ソロではきちんとむせび泣く。“真っ当なロック”が聴きたい人にお勧め。
(小口正貴)