HOLY WAR/THY ART IS MURDER

HOLY WAR/THY ART IS MURDER

オーストラリアはシドニー出身のデスコア・バンドによる3rdアルバム。ツイン・ギターの片翼が脱退し、4人編成となっている。テクニカルなテイストもある鋭角的なリフ運用に、うざったくない程度にメロディアスなリード・プレイ、強力なブレイク・ダウンを伴った無慈悲なリズムは前作『HATE』(’12年)から変わらない。だが楽曲の質がより向上しており、加えて世界情勢を反映したような憎悪感・緊迫感が増し、楽曲の弱さが否めなかった前作から大いにステップ・アップしている。疾走とグルーヴ、ブレイク・ダウンの構成がオーソドックスながらも巧みで力強く、一貫して不穏な空気が鮮烈だ。
(小澤明久)