GHOSTS OF YET TO COME/WAYWARD SONS

GHOSTS OF YET TO COME/WAYWARD SONS

’80年代後半から’90年代初頭にかけて英国で大成功を収めたバンド:リトル・エンジェルスでフロントマンを務めていた、トビー・ジェプソン(vo, g)を中心に結成された新バンドによるデビュー作。’70年代ブルース・ロックからの影響を隠さないエネルギッシュなハード・ロックがライヴ感溢れる演奏で詰め込まれたノリノリの内容で、トビーの歌唱も衰えていないし、抑揚に富んだ演奏が楽曲に見事なフック・ラインを形成しており、全編一気に聴き通せてしまう。ハイライトは、シン・リジィ的な歌い回しとギター・ワークが楽しめる「Ghost」と「Be Still」。サンダーやザ・ダークネスのような音楽が好きなファンは必聴!
(Masa Eto)