RETURN FROM THE SHADOWS/WITHIN SILENCE

RETURN FROM THE SHADOWS/WITHIN SILENCE

勇壮と哀愁のパワー・メタルを熱烈追求中の東欧スロヴァキア出身5人組新進バンドが、ハロウィン〜マスタープランのローランド・グラポウをサウンド・エンジニアに招いて放つ2nd。エモーショナルな歌と呼応して印象的な泣き節を続々と畳み掛ける圧倒的なメロディーを構築している一方で、ソロは笑ってしまうほどシンプル…というリード・ギターのメタル美学の妙なバランス感は相変わらず。欧州メロディック・パワーの手法に加え、今作では(近年の)アイアン・メイデンになりきったかのような気迫で長尺曲(最長16分強)を熱演するなど、伝統的メタルのアゲ感覚をこよなく愛する姿勢に磨きが掛かっている。
(平野和祥)