Astraia/YASHIRO

Astraia/YASHIRO

Mary’s Blood等のライヴをサポートしている女性ギタリストが放つ初のソロ・アルバム。幅広いフィールドで客演してきた彼女が、アーティストの立場となって、どのような作品を生み出すのか。そんな興味に十二分に応える内容と言えそうだ。ハード・ロックからポップスまで、自身で歌唱を務めた楽曲も含めて様々なスタイルを提示。そのいずれにおいても核となるのはメロディーだ。技巧を誇示することのない、広範なリスナー層を意識した、よい意味での聴きやすさがある。プロデュースを務めたのは、元ELTの五十嵐 充(key)が立ち上げたRUSHMOREで若井 望と共にツイン・ギターを構成していた坂本光久。
(土屋京輔)