ガールズトークで楽な関係に!! ろってぃーのギタヒロ!Season 2:第4回

ガールズトークで楽な関係に!! ろってぃーのギタヒロ!Season 2:第4回

アメリカから凄腕美人ギタリストをゲストに迎え、日米ギター女子会(第2回)開催…! 楽しくて有意義なおしゃべりにろってぃーもやる気満々!!

撮影秘話 from YG編集部

ヤング・ギター2017年6月号掲載の“いま絶対に知っておくべき新世代ギタリスト”という特集で紹介した女性プレイヤーのニタ・ストラウスが、去る10月に開催されたハード・ロック/ヘヴィ・メタル・フェスティヴァル“LOUD PARK 17”に出演するために初来日。“ショック・ロックの帝王”アリス・クーパーのバンドのギタリストとして出演した彼女は、そこで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれましたが(今月号の“LOUD PARK”レポート記事をぜひご参照ください!)、実はその数日前、都内某スタジオにてろってぃーとの“トーク・セッション”も繰り広げていたのでした。

[ギタヒロ!<シーズン2>]では“アドリブ”と“作詞・作曲”に力を入れているろってぃーですが、もちろん“ギター・プレイ”の上達も引き続き重要な課題として、日々練習に励んでいます。そんなろってぃーにとって、同じ女性であり、ガールズ・バンドでも活動し、新世代きっての実力派でもあるニタは理想像の1つであり、色々と学ぶことも多いのではないか…ということで、この機会に対面して話をしてもらうことになったというわけです。

事前にニタに関するいくつかの動画をチェックしていたろってぃーは(中でも「Pandemonium」というニタのオリジナル・インスト曲のMVがお気に入りだとか)、特に彼女のテクニックとそのプレイする姿に圧倒されたそう。「あんな風に、私もカッコよくギター・ソロを弾けたらいいなぁ…」と言うろってぃーに、ニタはギター・ソロに役立つアイデアやテクニックを伝授してくれました。

「アコースティック・ギターで弾き語りもできるようになりたいけど、やっぱりニタみたいにエレキでガンガンに弾けるようにもなりたい! 今回ニタに教えてもらったこともしっかり練習して、カッコいいギター・ヒロイン目指して頑張ります!!」(ろってぃー)

ちなみに、今回で海外からのゲストは4組目。「ギターも上手くなりたいけど…、そろそろ英語も話せるようになりたい!!」と、別のやる気スイッチも入ったろってぃーでした!
(YG)

本誌エクササイズ譜例の連動音源

フォトギャラリー