自分の言葉で作詞にトライ!! ろってぃーのギタヒロ!Season 2:第10回

自分の言葉で作詞にトライ!! ろってぃーのギタヒロ!Season 2:第10回

シンガー・ソングライターとしての道を歩み始めたろってぃーが、現役のヒットメイカーから“作詞”について学びます!

撮影秘話 from YG編集部

この『ギタヒロ!<シーズン2>』では、ギターの“アドリブ演奏”、“作詞・作曲”、そして“弾き語り”にチャレンジしているろってぃー。いずれもギタリスト/シンガー・ソングライターとしてソロ活動を始めた彼女には必須なものであり、「自分で作った音楽をみなさんに届けたい!」という夢を持つろってぃーにとっての強力な“武器”となるものです。第3回でtatsuo氏から作曲について学んだろってぃー、今回は乃木坂46他、多くのアーティストに楽曲提供や作詞を行なっている“波乗り作詞作曲家”であり、またミュージシャンでもあるAkira Sunset(アキラサンセット)さんのオフィスにおじゃまして、主に作詞について教えていただくことになりました。

Akiraさん流の作詞術の1つとして、1つのキーワードから連想される言葉やシチュエーションを歌詞に転換していくというやり方を教わったろってぃー。練習としてAkiraさんが出した“時計”というキーワードには、「恋人と別れて1人でいる部屋に、時計の針の音が鳴り響く」という状況を思い浮かべ、「すごくいいね!」とAkiraさんも褒めてくれたのですが、そこから先をなかなかイメージすることができない…。するとAkiraさんが「逆の発想で、別れた時から時間(時計)が止まったままで、針の音が聞こえないっていう状況もあるよね」とアドヴァイス。これにはろってぃーも“目からウロコ”という感じで、「なるほど、そんな発想や表現もあるんだ!」と感心しておりました。

その後はろってぃーが出したキーワードを元にAkiraさんが即興で曲を作るという実演もあり、あっという間にギターのコード進行、メロディー、歌詞をまとめて曲の一節に仕上げてしまったAkiraさんを見て、「すごい! 私も早くそんな風に曲を作れるようになりたい!!」とやる気スイッチが入ったろってぃーでした。

そして…、なんと6月にろってぃーにとって初のソロ・ライヴが決定!(下記インフォメーション参照) ひょっとすると、ここで“作詞・作曲:川村真洋”というオリジナル・ソングが初お披露目されるなんてことも…!? それはぜひとも会場にてお確かめ下さい!!(ソロ・ライヴについての詳細は追って!)
(YG)

本誌エクササイズ譜例の連動音源

フォトギャラリー