毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

「今からやぞ!」屍忌蛇がボルケーノの1stアルバム『VIOLENT』で使用したリックのネタを披露!

ボルケーノが’00年に発表した1st『VIOLENT』。メロデス的な旋律と’80年代パワー・メタルを足して演歌で割った、泣きに泣きまくるサウンドでシーンに衝撃を与えたアルバムであり、屍忌蛇というギタリストのメロディー・センスを改めて世に知らしめた名盤だ。

この作品は長らく廃盤状態だったが、1月11日にいよいよ再リリースが実現。これに際して、屍忌蛇が初期ボルケーノで使用したリックのネタを披露する、奏法動画撮影に協力してくれた。数日間禁酒したということで気合は十分、魂を込めた泣きのメタル・ギターのアイデアは、ギタリストを大いに刺激するはずだ。この動画と連動した譜面はヤング・ギター2019年2月号にて、最新インタビューと併せてチェックされたし。

PLAY ALL/すべて観る

オープニング&アルバム紹介

Ex-1 メロディック・デス的エッセンスを取り入れたリフ 譜例:107ページ

Ex-2 コード感重視でメロディーを奏でるリフ 譜例:108ページ

Ex-3 大仰なオープニングと激しいリフのコントラスト 譜例:108ページ

Ex-4 ストレート&ブルータルなメタル・リフ 譜例:108ページ

Ex-5 タッピングを導入したドラマティックなオープニング 譜例:109ページ

Ex-6 ’80年代的なパワー・メタル・リフ 譜例:109ページ

Ex-7 民謡的テイストを醸し出すメロディー 譜例:109ページ

Ex-8 エコノミー・ピッキング活用のスピーディーなキメ 譜例:110ページ

Ex-9 クラシカルなフィーリングを下地にした慟哭のリード 譜例:110ページ

Ex-10 屍忌蛇流“泣き”の極致を披露するソロ・フレーズ 譜例:111ページ

Ex-11 日本人的な哀愁を押し出したメロディック・ソロ 譜例:111ページ

エンディング

当ページの連動記事をヤング・ギター本誌に掲載!