[映像]Yusuke Hiraga:Arise in Stability『犀礼 / Dose Again』連動最新奏法 ヤング・ギター4月号(本誌未掲載譜面あり)

[映像]Yusuke Hiraga:Arise in Stability『犀礼 / Dose Again』連動最新奏法 ヤング・ギター4月号(本誌未掲載譜面あり)

強力な演奏力を誇る難解プログレッシヴ・メタルコア・バンド:Arise in Stabilityが、新作『犀礼 / Dose Again』を3月25日にリリースする。

YG2020年4月号では、オリジナル・メンバーである実力派ギタリストMasayoshi Onoderaと、本作が加入後初のアルバム参加となるYusuke Hiragaのギター・チームに、新作に関するインタビューと、Yusukeによる奏法解説を掲載。ここではその譜面に連動した、Yusukeの特別デモンストレーション映像を紹介しよう。

映像には、新作からの「輪廻解脱 / Madness Gives Rise to Enlightenment」を題材としたEx-1〜Ex-4のほか、当ウェブページにのみ譜例と解説を掲載した「帰来 / Noise Heard in the Moon」のEx-5も収録している。両方合わせて楽しんでいただきたい。

Play Allすべて観る

Openingオープニング

Ex-1from「輪廻解脱 / Madness Gives Rise to Enlightenment」
楽曲の冒頭を飾るワイドでメロディアスなリード・フレーズ

Time:0:01〜譜例:141ページ

Ex-2from「輪廻解脱 / Madness Gives Rise to Enlightenment」
ストリング・スキッピングを交えた高速リフ

Time:0:24〜譜例:142ページ

Ex-3from「輪廻解脱 / Madness Gives Rise to Enlightenment」
付点8分音符のディレイを活かした幻想的なフレーズ

Time:1:45〜譜例:142ページ

Ex-4from「輪廻解脱 / Madness Gives Rise to Enlightenment」
変拍子が加わるトリッキーな音使いのソロ

Time:2:30〜譜例:143ページ

Ex-5from「帰来 / Noise Heard in the Moon」
表現力豊かなニュアンス重視のギター・ソロ

Time:4:04〜譜例:ウェブ限定掲載

 

ウェブ限定奏法解説

Ex-5は、「帰来 / Noise Heard in the Moon」のギター・ソロ掛け合い部分からYusukeパートを抜粋したもの。ゆったりとしたスピードで流れるセクションだが、前半はチョーキングやスライド・イン/アウトの細かい表現が多く、伴奏も静かでプレイの粗が目立ちやすいため集中力が必要だ。

3小節目の後半では1弦の半音チョーキングからそのまま薬指を高速でスライド上下させる表現があるが、これは歌唱技術でいうところのフェイクに近い効果が得られる奏法なので、ぜひマスターしてみて欲しい。4〜6小節にかけても、アーミングを用いたヴィブラート、下降で入れ込むグリス、ピッキングしたくなる部分をあえてハンマリングで発音している箇所等があるが、これらはすべて人間の肉声的な表現を目指したもの。随所に盛り込んだブリッジ・ミュートも肝で、ここでパーカッシヴなニュアンスを瞬間的に表現できると音源の雰囲気にぐっと近づくはずだ。8〜11小節の1拍3連フレーズは低音弦ハイ・ポジションでの弦跳び+ストレッチが入っているので、立って演奏する場合はギター本体をグッと手前に寄せながら弾くとスムーズだろう。

15小節からは伴奏が盛り上がってくるので、実際のライヴ演奏ではペダルで歪みを足して場面の移り変わり、いわば“ドラマ感”を演出していく。4+3の7拍子が4+4の8拍子の間に挟み込まれるリズム構成で、テンポ的にはゆったりしているがその余裕のあまりハシってしまいがちなので注意。27小節目で突如現れる5本弦スウィープで、脳内を瞬間的に1拍3連のフィールに切り替えられるかが腕の見せどころだ。

Endingエンディング