毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

Li-sa-X:インタビュー

li-sa-x

現在発売中のヤング・ギター6月号には、米テキサスから登場した新世代インストゥルメンタル・バンド:ポリフィアのギタリスト:ティモシー・ヘンソンの本誌独占インタビューを掲載している。今まさに米国ギター・シーンで最もホットな話題となっている彼ら、ぜひともインタビューを読み、本邦デビューとなる最新作『RENAISSANCE』(と同時発売の’14年リリースの1st『MUSE』)をチェックしていただきたい次第だが——そんなポリフィアを始め、ポール・ギルバート(レーサーX、MR.BIG)、ガスリー・ゴーヴァン、ドリーム・シアターらの超絶難曲をギターでカヴァーし、やはり世界中のギター・フリークたちから注目を集めている日本人の少女がいる。それが、現在11歳の小学生にして超絶技巧ギタリスト、Li-sa-X(りーさーえっくす)だ。

これまでに彼女がYouTubeに公開した“弾いてみた”動画すべての総視聴回数は何と780万回超! 難関フレーズ群を満面の笑みで弾きコナすその姿はまさに一見の価値あり!! 彼女もまた、今最もホットな日本人ギタリストと言っていいだろう。本誌6月号誌面では彼女にポリフィアに関して色々と訊いたインタビュー記事を掲載しているが、ここでは“スーパー・ギター・ガール=Li-sa-X”自身について掘り下げていこう!

上手く弾けると凄く嬉しいし、ギターを弾いてると楽しい!

YG:Li-sa-Xさん自身のことについて訊かせてもらえますか。そもそもギターを始めたのは、どういうキッカケで?
Li-sa-X(以下L):ギターは5歳から始めたんですけど、それはパパがギターを弾いていて、私もパパみたいに上手くなれたらいいなぁと思ったからです。もっと小さかった時から弾いてたんですけど、その時はまだ遊び感覚で、5歳の時に本気で頑張ってみようかなと思ったんです。

YG:最初から通常サイズのギターを使っていたの?
L:最初は、ピグノーズのアンプ付きミニ・ギターを弾いてました。「ファッションモンスター」(きゃりーぱみゅぱみゅ/’13年)の(踊ってみた)動画で使ってるやつです。だたあのギターはまだちょっと遊び気分だった頃に使っていたもので、真剣に取り組み始めてからはずっと普通サイズのギター──パパからもらったアイバニーズのポール(ギルバート)さんモデル(PGM300)です。今は、J.Customの“RG8540”を使ってます。

YG:最初に普通サイズのギターを持った時、どうだった?
L:凄く大きく感じました(笑)。慣れるまでは結構大変でしたね。

YG:それから、最初はどんな練習を?
L:最初はリズム・トレーニングをやったり、オルタネイト・ピッキングの練習をしたりしていたんですけど…、やっぱり基礎的な練習だとあんまり面白くなくて(苦笑)。そしたらパパが「曲を弾こう!」って言ってくれて、それから曲をカヴァーするようになりました。

YG:公開した動画がキッカケで、ポール・ギルバートからレッスンの申し出がありましたよね。今もレッスンを受けているの?
L:はい、もう3年目になります。

YG:レッスンはどんな感じ?
L:パソコンの画面越しにオンラインで教えてもらってます。曲を弾いて、コードの押さえ方やリズムの取り方のトレーニングをしたり。ポール先生の奥さんは日本人だからなのか、ときどき日本語で「その指は…」って教えてくれるんですよ(笑)。そうやってポール先生に教えてもらったこととカヴァーした曲を、毎日必ず弾くことにしています。

YG:一番最初にカヴァーした曲は何でしたか?
L:一番最初に公開したのはMR.BIGの「Green-tinted Sixties Mind」(’91年『LEAN INTO IT』収録)だったんですけど、最初に取り組んだのは「The Curse Of Castle Dragon」(ポール・ギルバート/’06年『GET OUT OF MY YARD』収録)でした。

YG:またいきなり難しい曲を選んだね…(笑)。それからもたくさんの曲をカヴァーして公開していますけど、その中でも特に難しかった曲は?
L:最初だったからというのもあるんですけど、やっぱり「The Curse Of Castle Dragon」は凄く難しくて、かなり一所懸命練習しました。あとはガスリー(ゴーヴァン)さんの「Rhode Island Shred」(’06年『EROTIC CAKES』収録)も、ずっと難しいフレーズが続いているので、あれは死にそうになりましたね(笑)。それからポリフィアの「Aviator」(’14年『MUSE』収録)は、最初のソロが本当にキツくて…「もうムリ!」っていう気持ちになりました。「どうやったらこんなの弾けるの…」って(笑)。

YG:それでも、動画ではいつもニコニコしていて、凄く楽しそうに弾いているよね。 ギターを練習していて、「嫌だなあ、ツライなぁ…」って思うことはある?
YG:あります。さっきも言ったポリフィアの「Aviator」の最初に出てくるジェイソン・リチャードソン(元チェルシー・グリン)のパートとか、あとは「Crush」(ポリフィア/’16年『RENAISSANCE』収録)の一番最後のソロとか…、「絶対こんなの弾けないよ! もうヤダ!」ってなります(笑)。

YG:でも、そうやって落ち込んじゃった気持ちをどうやってもう一度持ち上げるの?
L:上手く弾けると凄く嬉しいし、やっぱりギターを弾いてると楽しいから!(笑) 難しいところはパパと一緒にもう一度見直して、ゆっくりしたテンポから始めて段々速く弾けるようにしていくんです。

YG:曲を覚える時、譜面とかを見ているの?
L:いえ、最初にパパがコピーして、そのパパの指を見ながら覚えていきます。

YG:マーティ・フリードマンと対談している動画で、マーティが弾いたフレーズを即座になぞっていたでしょ。マーティもビックリしていたけど、ああいう感じなのかな?
L:分からないところは「これで合ってる?」って聞きますけど、大体は指を見るとどんなことをやっているか分かりますし、音を聴いて「ここかな」って分かるんです。弟のKaz-My-Ft2もできますよ。

YG:いやはやなんとも…、姉弟揃って凄いね(笑)。では最後に…、将来はどんなギタリストになりたいですか?
L:ポール先生やポリフィアのティム(ヘンソン)とかスコット(ルペイジ)みたいに、速弾きもコード弾きもしっかりできるギタリストになりたいです。あと…いつかはオリジナルの曲もできたら楽しいだろうなぁって思ってます。

YG:いつかヤング・ギターの表紙を飾ってくれることを期待しています。これからも頑張って下さいね。今日はどうもありがとうございました!
L:ありがとうございました!

li-sa-x-2

Li-sa-X 情報

YouTubeチャンネル:Li-sa-X (Official)
Facebookページ:Li_sa_X

Li-sa-Xお気に入りのポリフィアはこんなバンド!

polyphia-renaissance
2nd Album 『RENAISSANCE』POLYPHIA

『ルネッサンス』ポリフィア

CD | ソニー・ミュージックエンタテインメント | XSCP-6 | 2016年5月25日発売

購入/詳細

POLYPHIA - MUSE
1st Album 『MUSE』POLYPHIA

『ミューズ』ポリフィア

CD | ソニー・ミュージックエンタテインメント | XSCP-7 | 2016年5月25日発売

購入/詳細

日本語公式サイト:Polyphia
Facebookページ:Polyphia

当ページの連動記事をヤング・ギター本誌に掲載!

polyphia-yg1606-page
ヤング・ギター2016年6月号
YOUNG GUITAR 2016年6月号

特別価格 1,000円

詳細