Fret to Fret/Char:活動45周年の節目となるニュー・アルバム

Fret to Fret/Char:活動45周年の節目となるニュー・アルバム
アーティスト名CHAR
Char
アルバム名 Fret to Fret
Fret to Fret

CD | ZICCA RECORDS | 2021年9月29日発売

Amazonでチェック

まずは活動45周年のアニヴァーサリー・イヤーに、ここまで溌剌としたアルバムをリリースしてくれた彼に最大級のリスペクトを贈りたい。前作『ROCK+』(’15年)は布袋寅泰らに楽曲を任せた、いわばシンガー&ギタリストとしての側面をフィーチュアした作品だったわけだが、本作ではすべての楽曲制作に関与しており、純度100パーセントのピュアなCharワールドが展開されている。バック・ミュージシャンの主軸はキャリア初期を支えた佐藤 準(key)とロバート・ブリル(dr)の2名で、Char本人も本作を『Char』(’76年)、『Char Ⅱ have a wine』(’77年)、『THRILL』(’78年)に続くアルバムと位置づけているとか。確かにそう言われてみれば、そう聴こえてくる。ブラジル音楽をベースにしたChar的歌謡シティ・ポップの「Stylist」、往年のラテン・ロックを消化した「You」、スティーヴィー・ワンダーのカヴァー「Creepin’」、往年のプログレを思わせる「Infant Elefant」、メンバーとのフリー・ジャムを楽曲に発展させたと思しきファンキー・フュージョン・ポップの「Gacha Gacha」「Rushing’ kiz」、ヘンドリックスへの思いが詰まったワウ使いの「Mr. Liar」、ヘヴィなリフ+鋭いカッティングを奏でる「Change」では「これぞChar!」と叫びたくなる長尺のソロ・ワークも聴かせてくれる。どこかリラックスした空気が漂っているのも特徴で、聴いているこちらもすっかり心地よくなってしまった。弘法の、余裕の一筆。
(尾谷幸憲)