毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

CRAVING/JAMES CHRISTIAN

クレイヴィング/ジェイムズ・クリスチャン

JAMES CHRISTIAN - CRAVING
アーティスト名 JAMES CHRISTIAN
ジェイムズ・クリスチャン
アルバム名 CRAVING
クレイヴィング


CD | マーキー・インコーポレイティド/アヴァロン | 2018年4月25日発売

Amazonで購入する

USメロディック・ロックの大御所:ハウス・オブ・ローズでも活躍する実力派シンガーによる4年半振りのソロ4作目。宗教色の強い楽曲名が並んでいるため自省的でダークな内容かと思いきや、中身は意外と明るめのロック・サウンド。職人トミー・ディナンダーが「Wild Boys」「Sidewinder」「I Won’t Cry」「Love Is The Answer」で楽器全般を担当、加えて流麗なギター・ソロを披露している。ジェイムズの円熟味に溢れた歌唱も安定のクオリティだが、曲によってドラムの音色をはじめ、ミックスに統一性がなく、全体としてやや一貫性に欠ける印象。アヴリル・ラヴィーンとの仕事で知られるプロデューサー:クリフ・マグネスが手がけたタイトル曲「Craving」が秀逸。
(Masa Eto)