TATTOOED ON MY BRAIN/NAZARETH ブリティッシュ・ハード・ロックの王道を行く24作目

TATTOOED ON MY BRAIN/NAZARETH ブリティッシュ・ハード・ロックの王道を行く24作目

’68年にスコットランドのダンファームリンで結成されたハード・ロック・バンドによる24作目。ダン・マッカファーティ(vo)が健康問題でバンドを離れ、オリジナル・メンバーはピート・アグニュー(b)のみとなったが、新たにカール・センタンス(vo)を迎えての新作となった。牧歌的でやや土臭いところも存分に聴かせる楽曲群はナザレスらしくブリティッシュ・ハード・ロックの王道を行くものであり、現代のバンドがやると嘘臭くなりそうなアレンジもさらりとこなしてみせる点はさすが。そこに新加入カールによる伸びやかでパワフルな歌唱が加わり、新鮮味溢れる作品に仕上げられている。
(小澤明久)