RAINTIMES/RAINTIMES

RAINTIMES/RAINTIMES

メロディック・ロック・ファンの間で話題になったイタリアのチャーミング・グレイスのダヴィデ・バルビエリ(key)とピエルパオロ・モンティ(dr)が始動させた、新たなプロジェクトのデビュー作。今回はヴォン・グルーヴのマイケル・ショットン(vo)やストリート・トークのスヴェン・ラーソン(g)を擁する編成だ。’90年代に活動していたザ・ストームに憧憬の念を抱いているようで、ほどよい叙情性を湛えた音楽性には通じるものがある。洗練された透明感のあるサウンドは、幅広いリスナーにアピールするに違いない。ギターの盤石さは言うまでもないが、特に伸びやかなリード・プレイがいい。
(土屋京輔)