STEP INTO THE LIGHT/SNAKES IN PARADISE 16年ぶりの4作目、バランス感覚抜群の自然体ハード・ロック

STEP INTO THE LIGHT/SNAKES IN PARADISE 16年ぶりの4作目、バランス感覚抜群の自然体ハード・ロック

’94年作の1stがマニアの間で絶賛されていたスウェーデン産メロディアス・ハード・アクトが、長きの活動休止期間を経て16年ぶりに4thを発表。タリスマン人脈を汲むメンバー構成も当時のままに(鍵盤奏者のみゲスト扱い)、ブランクを全く感じさせない好盤に仕上がった。カンパニー・オブ・スネイクスにも抜擢されたステファン・ベルグレン(vo)のエモーショナルな歌声を中心としたブルージーだが土臭過ぎず、北欧産ながら煌き過ぎないバランス感覚抜群の自然体ハード・ロックは、年月を経ても色褪せない心地好い魅力がたっぷり。ステファン・ヨンソン(g)の流麗かつスリリングな弾きっぷりにも惚れ惚れ。
(羽田幸一)