STEP INTO DARKNESS/TEARLESS

STEP INTO DARKNESS/TEARLESS

東欧クロアチアのゴシック・メタル・バンドのデビュー作。’03年結成とその歴史は長くも、メンバー・チェンジやバンド名変更などの紆余曲折を経てのようやくの初アルバムだ。メロディック・デス・メタル寄りのアグレッシヴなエッジに男女ツイン・ヴォーカルの清濁な響きを絡ませたスタイルに目新しさはなくも、全体から豊富に溢れ出すメロディーの良さと見事なアレンジ・センスが成せるヴァリエーションの豊富さで、ついリピートしてしまう魔力あり。本誌的にはギターにやや拙さを感じるのが残念だが、逆にその危うさがエモーショナルな情感に繋がっている場面もあり、一概にマイナス点とは言えないのも面白い。
(羽田幸一)