RISE/TWO OF A KIND

RISE/TWO OF A KIND

テラ・ノヴァのメンバーが全面的にバックアップする、オランダの女性デュオによる11年振りとなる2作目。ラインナップに変化はなく、前作同様フレッド・ヘンドリックスが楽曲制作から録音、マスタリングまでを手がけている。前作に収録されていた「The Longest Night」や「To The Top」のように、彼女達をそれこそ“テラ・ノヴァの妹分”と呼ぶのに最適なアップ・テンポで爽快なハード・ポップ曲が見当たらないのが残念だが、ジェシーノ・デローザス(g)は相変わらず芯の太いトーンでエキサイティングなソロを披露しているし、エスターとアニータの歌唱も堂に入っており、声の相性も抜群だ。
(Masa Eto)