毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

動画をテンポ良く仕上げるには?

動画撮影・制作

動画をテンポ良く仕上げるには?

よくバンドのコメントやバックステージ的な動画を撮るのですが、間の悪さが気になります。テンポ良い動画に仕上げたいので沈黙の所などをカットしていると、なんか殺伐というか、余裕のない仕上がりになってしまうのですが…。テンポ良く仕上げる編集のコツはないでしょうか? よろしくお願いします。

(のん/20代/女性)

詰め込みすぎない、緩急をつける…などを意識しましょう

アーティストのウラ側が見られる映像って親近感が湧いていいですよね! 自然体な部分を撮ろうと思うとどうしても撮影時間が長くなりがちで、編集作業は必須になります。

テンポの良い動画と余裕のある動画というのはある意味正反対なので両立させるのは難しいのですが、まず余裕を持たせるためには詰め込み過ぎないことです。

1時間撮影したものを10分にまとめるとしたら、50分を切り捨てなきゃいけないわけです。そういう時はもう初めから「ざっくり30分位はまるごと使わない」つもりで編集を始めるのがよいかと思います。面白い話がたくさん撮れたなら全部をなんとか活かしたい気持ちも分かるのですが、色んなおかずがちょっとずつ入った「幕の内弁当」のようになってしまい、主張が弱くなってしまいます。おかずの品数よりトータルの満足度を上げるためには、入りきらないおかずは思い切って捨てる勇気も必要です。

テンポの良い動画にするには編集に緩急をつけることが有効です。同じ間隔で尺をツメていくと単調になって逆にテンポを感じなくなってしまいます。短い間隔で切る所とゆったりした所、両方を作ってみてはどうでしょう。一番良いのはテンポよく喋ってもらうことなんですけど(笑)。これもなかなかムズカシイですよね!

可能なら撮影の時から編集を意識することです。これはメインのおかず、これは添え物、これはいらない、と判断しながら撮影できれば、逆に「この画が足りない」ということも分かってきます。そこを追加して現場で撮影することが出来れば、さらに動画のクオリティも上がっていきますよ〜☆

20160729-video