毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

GRAFFITI ON THE TRAIN/STEREOPHONICS

このバンドの歩んできた歴史を振り返ると、いつもフー・ファイターズを思い出す。度重なるメンバーの交替、リフレッシュのための長期休暇、同業者から好かれやすいフロントマン…何より“どんなアルバムも高値安定”という根っこがソック...

YOU/EMERGENCY GATE

独出身、ソイルワークやラウンチー、少し前のソニック・シンジケートを彷彿とさせる、シンセサイザーを駆使した6人組モダン・メロディック・デス・メタル・バンドの5thにして日本デビュー作。クリーンとグロウルの激しい掛け合い(ヴ...

THE NEXUS/AMARANTHE

スウェーデンはヨーテボリ出身の6人組モダン・メタル・バンドの2nd。女声/男声デス/男声クリーンをそれぞれ担当する3人の専任シンガーを擁するインパクト、デビュー作のシャープなクオリティ、そしてライヴ・アクトとしてのポテン...

NYLON MAIDEN/THOMAS ZWIJSEN

完璧にキマったタイトルがお見事な、今までありそうでなかった面白い作品が登場した。ネットでも話題になったというオランダ人ギタリスト:トーマス・ズァイスンがアイアン・メイデンの楽曲を全編クラシック・ギター1本でカヴァーしたア...

喝采と激情のグロリア/MATENROU OPERA

V系のみならずメタル・ファンからの支持も厚い彼らのメジャー第2弾であり、約半年前に掲げた壮大なテーマを見事に現実のものへと昇華させた1枚。シンフォニック・メタルという一本筋の通った方向性を軸に、Vメタル的ポップ感やダーク...

Sensation II/Sensation

B'z、ZARD、稲葉浩志などのライヴ&レコーディングでも知られ、アレンジャーとしても活躍する大賀好修(g)を中心に日本屈指のテクニシャン4人が集結。1stアルバムでは、高難易度曲での超絶テクニックで圧倒しながらも、緻密...

SECOND COMING/STRYPER

約22年ぶりの日本公演となった“LOUD PARK 11”で存在感のあるパフォーマンスを見せつけた、結成30周年を迎えるアメリカの4人組によるセルフ・カヴァー・アルバムで、楽曲は初期3作品からセレクト。黒と黄のストライプ...

BRINGING IT BACK HOME/ROBBEN FORD

本人曰く「ロベン・フォードにとって新しいもの」というブルース・カヴァー作品。と言えば、自分を変えた運命の1曲、懐かしい青春の1曲…などと相場は決まっているが、本作は、制作前まで演奏したこともなければ聴いたことすらない、ロ...

EARTH BLUES/SPIRITUAL BEGGARS

マイケル・アモット(g/アーチ・エネミー)率いる別働隊の、結成20周年作で8作目。ブラック・サバス云々というよりはヘヴィなユーライア・ヒープといった方が近い近作を継承する作風ながら、演奏にはしなやかさが、楽曲には幅や奥行...

LIVE OF LIFE/HIROKUNI KOREKATA

'75年デビュー。'83年のソロ・アルバムで一躍日本フュージョン界を代表するギタリストに。現在は野獣王国、tamKore、是方博邦ROCK UNITなど、複数のユニットで多彩なプレイを聴かせている。ソロ・デビュー30周年...

HEAVEN IN THIS HELL/ORIANTHI

『BELIEVE』('09年)及び『BELIEVE II』('10年)は、“マイケル・ジャクソン直後”ということもあり、ソロ・アーティストとしての存在感をアピールするという好結果を生んだ。プロの表現者としてはそれに続く作...

HUNTER HAYES/HUNTER HAYES

タレ目のツルッとしたイケメン。まるでアイドル俳優のようだが、ギターを弾きながら歌う実力派シンガー・ソングライターである。米国ルイジアナ州生まれの21歳。彼の地ではカントリーのカテゴリーに放り込まれているが、基本はポップス...

1 / 3 ページ123