毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

FUCKING CRAP FUCKING CHAOS/ROSEROSE

’83年結成、ハードコア・パンクから始まり、クロスオーヴァー・スラッシュを中心に時代によってはデス・メタル/グラインドコアやオルタナティヴっぽいサウンドも鳴らしていた東京出身の4人組の新作。’12…

BAPTIZED/DAUGHTRY

クリス・ドートリー(vo, g)を擁するバンドの4枚目のアルバム。デビュー以降、『アメリカン・アイドル』出身の実力派が歌い上げるメインストリームなハード・ロックという、ある種の話題性を持った様式美を提示してきたが、本作で…

UNVARNISHED/JOAN JETT & THE BLACKHEARTS

’76年にランナウェイズでデビュー以来、ガールズ・ロック・バンドのパイオニア、元祖ライオット・ガールとして根強い人気を誇るジョーン姉御の7年ぶりの新作。本作は、フー・ファイターズのデイヴ・グロールと共作し2人…

THE NOW WHAT?! LIVE TAPES/DEEP PURPLE

’13年に8年ぶり通算19作目となるスタジオ作『NOW WHAT?!』をリリースした大御所ディープ・パープルが、同作後に行なった夏のヨーロッパ・ツアーの模様を収めたライヴ盤で、イタリア、デンマーク、スウェーデ…

A FALLING BLOSSOM WILL BLOOM AGAIN/KNIGHTS OF ROUND

ジャパニーズ・メロディック・スピード・メタル・バンドの3rd。過去作同様とことんこだわり抜いた美旋律が乱舞しているが、相変わらずリフにしろサビにしろソロにしろ、とにもかくにもクサい。ポジティヴなロック・テイストもダークで…

CURSE & CHAPTER/HELL

メタル界の敏腕プロデューサー:アンディ・スニープの後押し(&ギタリストとして加入)で復活して以来、古典的メタル美学の鑑として注目される元“不遇のNWOBHMバンド”の2年半ぶり2作目。前作同様、’80年代曲の…

TALKING DREAMS/ECHOSMITH

音楽一家に育った4人兄妹バンド(男子3人、女子1人)によるデビュー作。そこそこグッド・ルッキンのためハンソンを思い起こさずにはいられないが、アイドルとして勝負する気は全くなさそう。何しろ影響を受けた音楽がザ・スミス、ジョ…

WORLD/LONGINUS

結成から10年、東京の4人組メタル・バンドが放つ2ndにして7年ぶりのニュー・アルバム。メロスピやメロパワなどの細分化された形容は不要、正統派メタルという直球フレーズがしっくりくる力強いサウンドに溢れ、朗々と歌い上げる勇…

DAS SEELENBRECHEN/IHSAHN

去る10月に2度目の来日を果たした、エンペラーの元フロントマンによるソロ名義の5作目。’10年の3rd『AFTER』辺りから一気に完成度を増したプログレッシヴ・エクストリーム・メタルがまたさらに進化を遂げてお…

1968 vol.3 NOVEMBER/FUSANOSUKE KONDO

ベテラン・ブルース・ミュージシャンの近藤房之助が、’68年の17歳だった時に感じたブルースを表現した『1968』(’10年)、『1968 vol.2〜DOWN HOME〜』(’12年)…

REPTILE BRAIN MUSIC/IMPERIAL STATE ELECTRIC

ニッケ・アンダーソン(vo, g, dr/元ヘラコプターズ etc.)率いるバンドの通算3作目(企画盤除く)。“KISS寄りのヘラコ”といったデビュー以来の開放感と疾走感のあるキャッチーなロックンロールは今回もファンの期…

KILLHAMMER/MYSTIC PROPHECY

ギリシャ出身のシンガー:R.D.リアパキスを中心にドイツを拠点に活動する多国籍パワー・メタラーの8th。メンバーの入れ替わりが激しく、今回も新たにスリランカ人ドラマーとデンマーク人ギタリストが加わっているが、R.D.の漢…

1 / 3 ページ123