毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

CREEPER - ETERNITY, IN YOUR ARMS
ETERNITY, IN YOUR ARMS/CREEPER 新着記事

’14年に英国で結成された、鍵盤奏者を擁する6人組ホラー・パンク・バンドの処女作。ミスフィッツ、ラモーンズ、AFI辺りの影響下にあるマイナー調の泣きのメロディック・パンクで気持ちよく疾走するが、シアトリカルさ…

THE CHARM THE FURY - THE SICK, DUMB & HAPPY
THE SICK, DUMB & HAPPY/THE CHARM THE FURY 新着記事

硬派女性シンガーのキャロライン・ウェステンドルプを前面に立てたオランダ産激重バンドの2作目。メタルコア以降のソリッドな激烈サウンド手法を土台としながら、そこにメロディック・デスのドラマ性やオルタナティヴ・メタルの極太グル…

BROTHER FIRETRIBE - SUNBOUND
SUNBOUND/BROTHER FIRETRIBE 新着記事

ナイトウィッシュのエンプ・ヴオリネン(g)のサイド・バンドでもある、フィンランドの鍵盤入り5人組の第4作。’14年にドラマーが交替しているが、体制に影響ナシ。シンセ満載な’80年代サウンドにこだわ…

BRIDEAR - RISE
RISE/BRIDEAR 新着記事

積極的にヨーロッパ遠征も行なっている、’11年に福岡で結成された女性5人組。本作は知名度を一気に高めた1stアルバム『BARYTE』(’16年)に続く4曲入りEPだ。正統的なヘヴィ・メタルを軸とし…

ARMORED SAINT - CARPE NOCTUM
CARPE NOCTUM/ARMORED SAINT 新着記事

昨年の“LOUD PARK”で遂に初来日した米パワー・メタルのベテランによるライヴ作品。’15年の“Wacken Open Air”を含むドイツ公演を収録した本編は8曲入り(来日時とほぼ同選曲)という小ぶりな…

ANCESTRAL DAWN - SOULDANCE
SOULDANCE/ANCESTRAL DAWN 新着記事

南米ペルーのメロディック・パワー・メタラー:ノーチラスの元ベーシストが興したメタル・オペラ・プロジェクトのデビュー作。端正な欧州型メロディック・メタルに小さじ一杯のエスニック・エッセンスを振りかけたサウンドは、デビュー作…

AGE OF REFLECTION - IN THE HEAT OF THE NIGHT
IN THE HEAT OF THE NIGHT/AGE OF REFLECTION 新着記事

スウェーデン産メロハー・バンドのデビュー作。キャリアのあるミュージシャン3名によるプロジェクトとしてスタートしたこのバンドは、いかにも北欧のバンドらしい哀愁を漂わせたキャッチーなヴォーカル・メロディーが持ち味となっており…

CELLADOR - OFF THE GRID
OFF THE GRID/CELLADOR

米ネブラスカ出身の激速パワー・メタル・バンドによる約11年ぶりの2nd。’07年の“LOUD PARK”出演以来、’11年にEPを発表した他は特に大きな動きはなかったが、こうして素晴らしい作品を携…

BLOODBOUND - WAR OF DRAGONS
WAR OF DRAGONS/BLOODBOUND

ストリート・トークの中心人物:フレドリック・バーグ(key)率いるパワー・メタル・バンドの6th。メロディアスかつキャッチーな主軸を守りながら作毎に微妙に装飾スタイルを変えてきた彼らだが、本作では前作に引き続いて、そのア…

BLACK STAR RIDERS - HEAVY FIRE
HEAVY FIRE/BLACK STAR RIDERS

シン・リジィらしさはそのままに、現ラインナップが持つ個性をより前面に押し出した3作目。フィル・ライノットを思わせるリッキー・ウォリック(vo)の節回しもこれまで以上に力強く骨太で、スコット・ゴーハム(g)とデイモン・ジョ…

BATTLE BEAST - BRINGER OF PAIN
BRINGER OF PAIN/BATTLE BEAST

フィンランド産メタラーの第4作。バンマス:アントン・カバネン(g)の電撃解雇から2年──結局、前回来日公演にヘルプ参加のヨーナ・ビョルクロート(鍵盤奏者の実弟)が正式加入している。これまで全曲を手掛けてきたアントンを欠き…

BAND-MAID - Just Bring It
Just Bring It/BAND-MAID

メジャー第1弾のミニ・アルバムの時にも褒めたが、初フル・アルバムとなる本作も素直に称賛したい。今の時代、女子の方が(アイドル勢含め)勢いがある。ソリッドで硬派なロック・バンドとしては性別問わず、かなり上位に位置する新人だ…

1 / 201 ページ12345最後

掲載号別 レビュー 一覧