毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

LIFE ON DEATH ROAD/JORN 新着記事

プライマル・フィアのメンバーであるマット・シナー(b)、アレックス・バイロット(g)、フランチェスコ・ヨヴィーノ(dr)を迎えた新ラインナップで制作された4年ぶりの新作。アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(key)は作曲兼…

TROUBLE MAKER/RANCID 新着記事

3年ぶり9作目。変わらない。ティム・タイムボム(vo, g)がヒゲモジャの山男みたいになってても、ラーズ・フレデリクセンが(g, vo)が最新PVで休日のお父さんみたいな格好をしてても、ランシドはランシドのまま。いやむし…

RADIATION ROMEOS/RADIATION ROMEOS 新着記事

米国出身、元ウォリアーのシンガーでスティーヴ・スティーヴンス・アトミック・プレイボーイズにも参加していたパラモア“ペリー”マッカーティを中心とするバンドのデビュー・アルバム。ペリーの伸びやかで男らしい歌唱を活かす正統派ハ…

GRAVEYARD SHIFT/MOTIONLESS IN WHITE 新着記事

米ペンシルヴァニア州出身のメタルコア・バンドによる4作目。本作より“ロードランナー”へ移籍を果たしている。Nuメタルやゴシック、インダストリアルの要素を多分に盛り込んだ、ダークかつヘヴィにしてキャッチーな音楽性の根本に大…

THE FUTURE IN WHOSE EYES?/SIKTH 新着記事

激烈テクニカルな英産6人組の復活第2弾で、フルレンス作としては約11年ぶりの3rd。昨年ツイン・ヴォーカルの片方が交替したことで表現力の幅が広がり、より“歌”主体の路線へシフト。お馴染みスポークン・ワードをアルバムの進行…

SECRETS AND LIES/SHADOWMAN 新着記事

FMのスティーヴ・オーヴァーランド(vo)、ハートランドのスティーヴ・モリス(g)、サンダーのクリス・チャイルズ(b)とハリー・ジェイムス(dr)からなるイギリスの4人組。本作は約6年ぶりとなる5枚目のアルバム。ここで提…

GOTHICA/TEN 新着記事

英国産メロディアス・ハードの13th。中心となっているシンガー:ゲイリー・ヒューズの個人プロジェクトとも言えるほどにメンバーは常に流動的だったが、’13年にトリプル・ギターの7人組体制になって以来は安定を見せ…

IS THIS THE LIFE WE REALLY WANT?/ROGER WATERS 新着記事

かつてピンク・フロイドの語り部役を担ったロジャー・ウォーターズ(vo, b etc.)、なんと25年ぶりに放つ4作目のソロ名義スタジオ・アルバム。文学的毒気が濃厚なコンセプト作仕立てなのは定番だが、ウォーターズの歌とアコ…

CONDOLENCES/WEDNESDAY 13 新着記事

マーダードールズ参加で一躍注目を浴びたホラー・パンク・パフォーマー:ウェンズデイ13(vo)の2年ぶりとなるソロ名義作品7作目。これまでグリッター&トラッシュなイメージ重視の印象が強かったプロジェクトだが、今回は突如ダー…

THE NATURE OF TIME/SECRET SPHERE 新着記事

ドラマティックな構築美を身上とするイタリアン・メロディック・メタラーの8th。名作2ndの再録、来日公演の実現とその模様を収録したライヴ作のリリース…とまだ色々と記憶に新しいが、純然なスタジオ作としては5年ぶり。前作から…

ONE FOOT IN THE GRAVE/TANKARD 新着記事

ジャケには久々にマスコット“タンカード・エイリアン”の姿。ジャーマン・スラッシュの長寿バンドによる結成35周年記念を兼ねた17作目。とはいえ反骨アピールに呑んべえネタを交えてドカドカ突っ走るサウンドはあくまで通常運転その…

HOW THE MIGHTY HAVE FALLEN/TAINTED LADY 新着記事

デンマーク出身、イギリス人シンガーを擁する5人組によるデビュー・アルバム。グレン・ヒューズのギタリストとして知られるソレン・アンダーセンがプロデューサーを務めている。クラシック・スタイルながらいつの時代にも通用しそうなエ…

1 / 209 ページ12345最後

掲載号別 レビュー 一覧