毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

ALL MY FRIENDS:CELEBRATING THE SONGS & VOICE OF GREGG ALLMAN/GREGG ALLMAN

‘グレッグ・オールマン(vo, g, key/オールマン・ブラザーズ・バンド)とバンドを迎え、その業績を讃えた今年1月開催のトリビュート・ライヴを収録の2枚組。同月発売のスタジオ・トリビュート作にも言えるが、…

INTO THE SILENCE/THE BLANKO

’11年のデビュー作『FLYING COLOURS』で注目を集めたフィンランドのトリオ。タイトさが半端ではなく、2ndとなる本作でも統制の取れたアンサンブルを披露。ディジー・ミズ・リジー、ミューズが引き合いに…

INCREMENTAL IV/NIVA

去年秋にアルバム・リリースしたスウェーデン産メロハー・バンドが、1年を経ずに通算4作目を発表。デビュー前のスウェディッシュ・エロティカに参加していたトニー・ニヴァ(vo)と、ティー・ベルのロジャー・ラングレン(g)による…

無頼豊饒/人間椅子

オールドスクールのハード・ロックと現在進行形熱血激重ロック、そして文学的イメージワークとエンタメの間を直結して驀進するパワー・トリオが、デビュー25周年の年に放つスタジオ・アルバム18作目。怪しい威圧感を発しながら展開し…

ALL THE WAY/STATE OF SALAZAR

スウェーデン出身のメロハー5人組によるデビュー作。TOTOやサバイバーといった’80年代産業ロックを下敷きにした音楽性だが、どの楽曲にも北欧の透明感と哀愁がしっかり封じ込められており、懐かしさの中にも新鮮さを…

LAST OF US/ARION

本国フィンランドの“ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト”で予選決勝まで勝ち進んだことで一気に注目を浴びた、平均年齢19歳のメロディック・メタラー5人組による待望のデビュー作。ソナタ・アークティカの美旋律とナイトウィッシ…

COSMICNATIONS/FAIRY MIRROR

女性ヴォーカルをフィーチュアした大阪を拠点に活動する国産メロディック・メタル・バンドの3rd。結成は’99年に遡るという歴史の長いベテラン・バンドで、初期メンバーとしてSaeko(vo/後に単身渡欧し、欧州デ…

REDEEMER OF SOULS/JUDAS PRIEST

大規模ワールド・ツアーの封印宣言から3年半余、我らがメタル・ゴッドがここに帰還! K.K.ダウニングの後任ギタリストに、その息子世代とも言うべきリッチー・フォークナーを迎えた“Epitaph World Tour”の開始…

THE HUNTING PARTY/LINKIN PARK

バンド史上、最高に激しいアルバム。iTunesのジャンル分けは“Metal”になっているが、むしろこの疾走感は“Punk”と言っていいだろう。マイク・シノダ(vo, g, etc.)が「15歳の頃の自分達を刺激した音」を…

LA ESTACION DE LOS SUEОS/MEDINA AZAHARA

スペイン産老舗ハード・ロック・バンドの’05年発表作品。日本盤登場も約20年ぶりとなり、懐かしさに胸焦がれる人もきっといるはず。そう、あの泣きメロ満載シンフォニック・ハード名人の近作である。本作も今から10年…

ROLE MODEL/BODYJAR

’90年代後半から’00年代前半にかけて、ニュー・ファウンド・グローリーやフェイス・トゥ・フェイスらと共に日本でも人気を集めたオーストラリア産メロディック・パンク・バンドのボディージャー。&#82…

SHOGNATE MACABRE/WHISPERED

昨年行なわれた“LOUD & METAL MANIA”で本邦デビュー前にもかかわらず来日ライヴを行ない、白塗りの歌舞伎メイク、袴姿というド派手な出で立ちで観客の度肝を抜いたのも記憶に新しい、フィンランド出身4人…

1 / 3 ページ123