MAGIC MOUNTAIN/BLACK STONE CHERRY

MAGIC MOUNTAIN/BLACK STONE CHERRY

米ケンタッキー州の現代サザン・ハード/ヘヴィ・ロックの旗手による4th。前作から約3年の時間はバンドのアイデンティティを再確認するには十分…、洗練された前作はその他大勢に埋もれそうだったが、今作は浮足立たずに南部の土地に根を下ろしたサウンド/プレイが追求されており、楽曲共作者の選定もスジが通っている。ジョン・フレッド・ヤング(dr)の実父を含むカントリー音楽家との共作3曲も良いが、何よりもスライドやワウを駆使し、ニッケルバック風やC.O.C.風だったりの楽曲の至るところに南部魂を刻みつけているギター・チームの奮闘ぶりが最大の聴きどころ——というのが本当に嬉しい!
(菅原健太)