Rosario/HIZAKI

Rosario/HIZAKI

Jupiterの新たな編成に注目が集まる一方、遂にVersaillesも復活を遂げるという高い話題性の中で制作された、ソロ名義でのインストゥルメンタル・アルバム。ヘヴィ・メタルやクラシックを基盤に、随所にプログレッシヴなアンサンブルを組み込みながら、劇的に紡がれるマテリアルの数々。この内容はまさに期待通りのものだろう。HIZAKI grace project時代の「Race Wish」を含めリテイクされた過去のマテリアルも多いが、高度な技巧のみならず、特に印象的なのは、彼が最も注力する美旋律を配した叙情フレーズ。お馴染みのチョーキングを交えて聴き手の気分を昂揚させていくプレイも魅力だ。
(土屋京輔)